金属アレルギーを克服

東京都世田谷区 小野佐和子 さん (主婦・35歳)

もともと肌が強くありませんが、2〜3年前から金属アレルギーを起こすようになりました。

ネックレスや指輪は問題ないのですが、イヤリングを長時間つけていると耳たぶが痒くなり、赤く腫れ上がってしまいます。

初めのうちはしばらくイヤリングの着用を休むと治っていましたし、多少悪化しても市販の特効薬を塗ってさえいれば大丈夫でした。

ところが昨年の暮から今年にかけて、かつてない症状に悩まされました。
日に日に耳たぶが腫れ上がり、いくら薬を塗っても効果がないばかりか、膿み汁が出て、手のつけようがありませんでした。

ガーゼを当てて寝ても知らず知らずに掻きむしり、治りかけては再び悪化することの繰り返しでした。

2ヶ月くらい苦しんでようやく治ったのも束の間、先日、結婚式に出席した際、たまたまイヤリングをつけたのが失敗でした。
その日の夜、少し左耳が痒いなあと感じていたのですが、数日後には赤く腫れ始めました。

化学薬品に拒絶反応

早めの処置が大事だと思いアイスノンで冷やしたり、例の特効薬を塗ったりしたのですが全然ダメ。かえって悪くなりました。

強い薬だけに、一度身体が受け付けなくなると、拒絶反応も激しいのかも知れません。
思えば5ヶ月ほど前から膝小僧にも原因不明の発疹ができていましたから、身体も弱っていたかも知れませんが、改めて化学薬品の恐さ(塗り薬にも副作用)を見た気がしました。

それなら自然療法がいいかもしれないと思い、ビワの葉ローションを塗ることにしました。
それまではもっぱら子供のアトピー用に使っていましたが、これがびっくりするほどの効果でした。

2日目で耳たぶの腫れと痒みがとれ、3日目にはじくじくした感じから乾燥した(涸れた)感じになり、1週間もしないうちに治ってしまいました。

膝の発疹も消えた

ついでに膝小僧の発疹にも、ティッシュに含ませて貼り付けてみましたが、これも数日できれいになりました。
膝を気にしてずっと黒いストッキングをはいていたのは一体何だったんだろうと苦笑いしました。

以前に温灸器を購入し、ビワの葉療法の素晴らしさは知っているつもりでしたが、今回の体験を通して意識のどこかで化学療法を絶対視していた自分に気付くことができました。

『ビワと健康』  97年4月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 金属アレルギーを克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入