東邦治療院

茨城県神栖市深芝南1−11−1 パレス深芝206 TEL:0299−94−8532


西洋と東洋の両医学を車の両輪として、病める人をより良い医療に導いていきたい・・・。

臨床工学技士として長年先端医療に従事してきた経験に加え、鍼灸、マッサージ等の研鑽を積み重ねた実績をもって予防医学の必要性を提案、推進してきた國定一夫代表。

地域医療への貢献を願い本格的に治療院を開業、そして、施術の一つにビワ温灸を活用している。
話を聞いた。


  • 治療家を志したきっかけは?
    おじが盲学校の教諭をしていたこともあり幼少の頃から経穴(ツボ)に関して興味がありました。
    昭和49年、マッサージの専門学校に入学し手技を習得、さらに鍼灸師の資格も取得しました。

  • 開業の経緯は?
    40年前に資格を取得しましたが、その後、臨床工学技士として総合病院に勤務し、循環器科に於いて医師とともに西洋医学の先端医療に長年携わってきました。
    しかし、病院では東洋医学に対して否定的な風潮があり、自身が求める西洋医学と東洋医学を統合した医療を目指して開業を試みた期間もありました。
    3年前から在宅診療に従事し、本年5月、地域医療に貢献すべく本格的な開業に至りました。

  • 治療の特長は?
    良導絡診療に基づきビワ温灸、鍼、お灸、整体、マッサージ等を組み合わせた施療をしています。長年、総合病院で先端医療に取り組んできた経験から西洋医学の利点や課題点を理解しているつもりです。
    医師との人脈、連携を通じて患者さん一人ひとりにより良い医療が提供できるところが当院の特長だと自負しています。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    鍼灸師の知人が看板を掲げ、棒もぐさのビワ温灸と鍼との併用治療を行なっていたので早くから同療法の存在は承知していましたが、私が取り入れたのは3年前です。
    煙や臭いの課題がクリアされた遠赤外線のビワ温灸器を入手し、まずは自身の体で試してみたところ虚弱な内臓を良好に保て、手放せなくなりました。

  • ビワ療法の利点、改善例は?
    取り扱いが簡単で、とにかく気持ちが良い。そして痛みを伴う症状に対して即効性があることが利点です。腰痛や膝痛などで顕著な改善がみられますし、内臓疾患に対しても賦活化を図る働きがあります。
    先日は胃下垂の女性が『胃が動く気がする』と言い、緊張で硬結していた腹部の筋肉も緩みました。
    遠赤外線の浸透熱とビワエキスの有効成分が微妙に働き、奏効している感じがします。

  • 診療の形態は?
    午前中は治療院での施療、午後は在宅診療を行なっています。
    在宅診療は意志の同意書に基づき保険診療として歩行困難な方を訪ねていますが、それに準ずる形で自由診療も行なっています。
    ご利用を希望される方は遠慮なくご連絡下さい。

  • 信条を一言。
    患者さんが健康で長生きしていけることに貢献する、それが私の信条です。
    超高齢化社会を控えた我が国では、国民一人ひとりの予防への取り組みが強く求められています。
    自分の健康は自分で守る。
    そのためのサポートをさせて頂くことを常に意識しています。

『ビワと健康』  2014年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 東邦治療院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入