免疫力高め花粉症を克服

埼玉県ふじみ野市 はる健康回復院 杉江好郎 院長

ビワ温灸を定期的に続けることで、長年悩まされていた花粉症が改善した女性(40代半ば)がいます。
この方が最初に来られたのは昨年2月です。

ちょうど花粉シーズン真っ盛りでした。
目の痒みや鼻水、鼻詰まり等の症状が出ていましたが、そのときの彼女にとっての最大のニーズは花粉症ではありませんでした。

ストレスから精神的な問題を抱えていて、それが原因で派生する体の不調に悩んでいたのです。
以前、大阪に住んでいたときにビワ温灸を体験していたそうで、施療所を探していて、たまたま知人を通じて当院を知ったとのことでした。
当初、本人も自覚していましたが驚くほど体が冷えていました。
私の施術は、まず整体で体をほぐして血行を良くし、その後、ビワ温灸を当てるという方法です。

冷えがある場合は、お腹や背中を中心として全身にビワ温灸を施します。
もちろん、冷えが如実に現れる脚部にも入念に当てていきます。
かつてビワ温灸を体験していただけに無用な緊張もなく、彼女の体はビワ温灸の温熱をすんなりと受け容れているようでした。

冷えがとれて心も明るく

初めの3〜4ヶ月は毎週通ってもらいました。
徐々に冷えの改善が進み、それに合わせて精神的な苦しさや朝起きたときのウツ気味な状態も収まっていきました。
症状が改善するにつれ、週1回から2週に1回の施術に移行し、思わしくなければ再び週1回に戻すなどしつつ、施術の間隔を開けていきました。

明確には関係性を説明できませんが、花粉症などのアレルギー症状も少なからず冷えが影響を及ぼしているように思えます。
1年に渡る冷えの改善とビワ温灸による患部やツボへの刺激等が奏効してか、今年、彼女は花粉症の症状が出ませんでした。
飛散の多い日に鼻がムズムズする程度で、例年の比ではなかったのです。
一応、鼻の横や首周りのリンパなどポイントとなる箇所にも当てましたが、彼女自身に体調の好転が免疫力を高めているという実感があって、花粉症の改善がそれを証明してくれた格好となり、表情も明るくなって喜んでいました。

ビワ温灸は、症状によっては即効性に優れ、対処療法的に用いられることもありますが、やはり定期的に継続することで冷えを始め、体質の改善が図れるという点で素晴らしい療法だと感じます。
整体との相性も良く、とても重宝しています。

◎はる健康回復院
埼玉県ふじみ野市緑ヶ丘
TEL:090−2303−1555

『ビワと健康』  2014年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 免疫力高め花粉症を克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入