難病に伴う浮腫が改善

群馬県高崎市 癒しのお店 寺子屋 大沢貞敦 代表

原因が判らない脚のむくみがビワ温灸で改善した男性(62)がいます。

おそらく腎機能が低下していたらしく脚がパンパンに張っていました。
彼は、1年前に脊髄性筋萎縮症という難病を発症していました。

この病気は、脊髄と脳幹の神経細胞が変性して筋力低下と萎縮が起こり、下半身がまひしていくというもので飛び回っていた1年前とは違って、現在は車椅子の生活を余儀なくされています。
原因不明ながら腎機能の低下を疑ったのは、腎臓の辺りに冷えがあり、むくんだ脚がまるで氷のように冷たかったからです。
難病を発症して1年、冷え切った脚はむくみ、一切汗をかかなくなっていたのでした。

ビワ温灸は、足裏、ふくらはぎ、太股の前後面、さらに「足の三里」「三陰交」のツボなどにじっくり当てました。
当て始めて30分ほどで脚全体からダラダラと汗をかき始めました。1時間を経た頃にはむくみが取れ、見違えるほどに脚がほっそりしたのには本人が一番驚いていました。

自分では脚を動かすなどの運動はできないので、ビワ温灸による刺激が発汗を促し、改善に導けたことは朗報となりました。
これは、私自身もビワ温灸の水抜きの威力を実感する症例でした。

もう一人、劇的に脚のむくみが改善した男性(81)がいます。
この方は、ガンで入院中のため病室にビワ温灸器を持参しました。
ひどく脚がむくんでいて、「最近、尿が出ていない」とのお話でした。

ビワ温灸を当て始めて15分したころ尿意を催してトイレに立たれました。
そして、帰ってくるなり「オシッコが出ました」と報告されました。
ビワ温灸を再開。すると30分、また尿意を催してトイレに立たれたのです。
ご本人には排尿できたことがあまりに画期的な改善であり、同時に脚のむくみも取れていたのには驚かされました。

脊柱間狭窄症にも効果

脊柱間狭窄症の女性(65)は、腰から足の先まで痺れがあり、歩行もままならない状態でした。
この方は長くうちに通っているので、他の施術も行なって改善が進んでいましたが、最近になってビワ温灸を併用してみたところ、より効果的で、痺れが軽減しました。
ビワ温灸は5、6回行なっています。
その間、脚全体にあった痺れが足の指先だけになり、歩行も随分と楽になっています。

このようにビワ温灸による改善は色々な症状で得られていますが、うちでは岩盤浴の際に当てたり、リンパマッサージと併用したりして効果を上げています。

◎癒しのお店 寺子屋
群馬県高崎市柴崎町1289
TEL:027−352−6605

『ビワと健康』  2014年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 難病に伴う浮腫が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入