自律神経失調症が改善

東京都足立区 下田洋子 さん

昨年、5月から6月にかけて体調を崩してしまいました。

主な症状は、肩こりと背中のこり、胃の不快感、目まい、睡眠障害などで総合病院で胃カメラを飲んだり、CTを撮ったり、種々の検査を行ないましたが異常は見つかりませんでした。

最悪の状態の時は殆ど一睡も出来ませんでした。
目まいを感じながら通勤し、会社でパソコンを打っている間中ひどい肩こりに悩まされ、それでも『仕事が出来なくなったら自分的に終わりかな』という強迫観念のようなものがあって、必死に耐えていたのです。

社内報を製作する仕事のため基本的に残業は当たり前、1日平均9〜10時間の勤務で、さらに締め切りに追われるプレッシャーがありました。
総合病院では異常が見つからなかったため心療内科にかかったところ「自律神経を病んでますね」と告げられました。
カウンセリングを受け、睡眠導入剤が処方されましたが、理由のない不安に襲われる日々が続きました。

周りに同様の病気になった人もなく、親に相談してみてもあまり理解してもらえずに苦しんでいたとき、以前訪ねた本應寺(東京都杉並区永福)のことが頭に浮かびました。
このお寺が主催した『浄土のひびき展』は、お念仏はもちろんですが文化、芸術、健康等々、各種分野の催しが行なわれ、明らかに一般のお寺とは異なる雰囲気を醸していました。
このお寺だったら色んな方がおられるので自分の話も聞いてもらえるのかな・・・、そう感じて連絡をさせて頂きました。

その『浄土のひびき展』ではビワ温灸の体験コーナーが設けられていて、私は目に当ててもらったのですが、結構気持ちが良かったのを記憶しています。
お寺では他にも食事療法を始め様々な健康法に取り組んでいましたから、思い切ってお寺に住まわせて頂くことにしました。
朝は出勤前に勤行に参加し、仕事から帰ると酵素玄米の食事を頂き、夜はビワ温灸と整体の施術を受ける生活が始まりました。

初めのうちは精神的にもかなり病んでいたので、症状が改善されたとかしないとか実感する間もなく2週間が過ぎていきました。
それまで独り暮らしでしたから、独りでいると余計に考え事をして症状を悪化させてしまう感覚がありましたが、お寺でお念仏を称えていると、無心には至らないけれど変な不安を感じずにすみますし、実際にスタッフの方々に話を聞いて頂いて気持ちの整理がつくことも多々ありました。
お寺の生活が2週間経った頃からです。肩こりや目まいなどの症状が落ち着いてきて精神的にも楽になってきました。
睡眠障害に関しても途中3時間くらいで目が覚めてしまうけれど、トータルで6、7時間は眠れるようになりました。

症状が軽減してからは、当初毎日行なっていたビワ温灸も週1回で大丈夫になりました。
本應寺と出会え、スタッフの方々に支えられながらビワ温灸を受けることが出来たお陰で、最近では辛いときしか施術は必要なくなり感謝しています。

『ビワと健康』  2014年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 自律神経失調症が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入