夫の下肢静脈瘤に効果

神奈川県茅ヶ崎市 宮本満里 さん

私がビワ温灸を始めたのは、主人(75)の目の病気「眼瞼痙攣」(がんけいけいれん)を良くしたいと思ったことがきっかけです。

瞼が下がったまま上がらなくなる病気で、私の友達がたまたま同じ病気を患い、ビワ温灸を受けて僅か3ヵ月半で症状が改善したという話を聞いたのです。

主人の場合は10年前から患っているせいか、初回のみ少し反応はありましたが改善は難しいものでした。
初めは毎日、その後は週3回通って施術を受けましたが経済的な負担も大きく、私自身が勉強し、温灸器を購入して毎日当てるようになりました。
主人は、3年半前にも虚血性視神経症という病気にかかり左目は殆ど見えなくなっています。
有名な眼科で、「右目もいつ同じ状態になるかわかりません。何年先か、あるいは半年先か。可能性は大です」と言われ、私はビワ温灸で助けないといけないと考えました。
主人の目を守るために始めたのですが、色々な症状で改善が得られました。

主人の脚は下肢静脈瘤がひどく、左脚は右脚の倍くらい腫れていました。
また、エンジ色の内出血がありました。直径7cmほどの楕円形のアザが7ヵ所点在し、直視するのも気が引けるほどで手術することが決まっていました。
手術は血管を引き抜くというものですが、それでも再発の可能性は十分にあるというのです。

ならばビワ温灸で血流を良くしようと考え、丸1年毎年当て続けました。
その後も1日置きで続けましたが、徐々に改善が進み、1年半で腫れは完全になくなり、内出血のアザも薄くきれいな皮膚になってきて、手術をお断りすることが出来たのです。
また、右足の親指の爪が何年も前から焦げ茶色に変色していましたが、その箇所には一切当てていないのに本来の色に戻りました。

さらに昨年、やはり主人がジュプトランコウシュクという病気になり、短期間で改善しました。
右の手のひらの小指と薬指の真ん中を下がった付近に硬いシコリが出来たのです。痛みはありませんでしたが、放置すると大きくなり、皮膚がひきつれて少しずつ手指の関節が曲がってくるという病気です。
毎日、1時間十分当てるのはくたくたになりますが、基本のツボを欠かさず一生懸命続けました。
さすがに当てる私も苦しくなって、「ごめんなさい、私も苦しくて・・・」と自分自身に当てたところ、15〜20分ほどで、胃痙攣の痛みが収まりました。

この1年で二度同じことがありましたが、懸命に続けた甲斐あって主人の手のしこりは消えました。
脚の腫れやアザ、手のひらのしこりの改善は、まるで魔法のようです。
また、ガンの方には、何人にもビワ温灸の素晴らしさをお伝えしています。
ある方が「痛いので来てくれませんか?」というので訪ねましたが、本当に末期で体はパンパンに腫れていてどうしようもなく、私が習った先生に来ていただき施術をお願いしたこともありました。
その方は「体が楽になる」と喜ばれ、ビワ温灸を求められました。
本当の終末期では、痛みや不眠が緩和され、苦しまずに亡くなられるのも大切なことだと思います。
ビワ温灸は本当に良い療法なので、皆さんにお伝えしています。

◎連絡先(TEL:0467−82−0647)

『ビワと健康』  2014年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 夫の下肢静脈瘤に効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入