”身心一如”の養生を掴む

恒川 洋 先生(恒川クリニック院長)インタビュー

現代養生法の提唱者として著名な東海ホリスティック医学振興会会長・恒川洋医学博士(恒川クリニック院長)にお話を伺いました。養生の基本中の基本とされる”冷えの改善”やホリスティック医学の視点に立った歴史観、瞑想の意義とその実践法、病を得て気づく生き方と関係性、医療者の使命と姿勢など、第一人者ならではの興味深い内容は多岐にわたります。

恒川洋先生のプロフィール

1948年名古屋市生まれ。1973年昭和大学医学部卒業。
国立名古屋病院消化器科、名古屋大学医学部第一内科、名鉄病院消化器科部長などを経て1990年恒川消化器クリニック副院長。
1991年東海ホリスティック医学振興会を設立し会長就任。ホリスティックな医療や健康、養生などに関するセミナーや講習会・教室の開催および情報の発信を中心に患者、家族、医療者、療法家等が自由に交流できるネットワーク型の「場」づくりを推進している。
2005年恒川クリニック院長。
藤田保健衛生大学医学部客員教授。医学博士。
主な著書に『現代養生法ガイド』(新日本法規出版刊)『ガン治療に?を感じた時に読む本』(ライフ企画刊)などがある。

恒川消化器クリニック: 名古屋市中村区太閤1−22−13
Tel:052−452−1270
●「恒川消化器クリニック」のホームページはこちらです。

冷えの改善は養生の基本

内臓を温める!

  • 恒川先生が行なっておられる養生を柱とした医療について最近の取り組みなど具体的な内容をお聞きしたいのですが、まずは重要視されているという体の冷えの改善についてお聞かせ下さい。
    体の冷えを改善することの重要性はいつも患者さんにお話しています。これは養生の基本中の基本です。
    そもそも冷えとは東洋医学的な概念であり、西洋医学にはありません。
    貝原益軒の著書『養生訓』に”内慾を慎み外邪を防ぎ”とありますが、この外邪には風、寒、暑、湿という点の四気があり、冷えのことを”寒邪”と言います。
    ちなみに、かぜ、を”風邪”と書きますが、これは風の邪が体に入った状態のことです。
    冷えには表の冷えと裏の冷えがあります。
    手足など表面的な冷えは表寒(ひょうかん)、内臓の冷えは裏寒(りかん)です。”冷えは万病の元”といわれるのは内臓の冷えのことで、内臓が冷えているから手足も冷え、体全体が冷えているのです。
    厄介なのは手足の冷えは自分で実感出来るのに対し、内臓の冷えは実感しにくいということです。
    私の経験上、ガンの患者さんの9割以上が冷え、特に内臓の冷えを抱えています。
    この冷えをそのままにして治療を施しても、それは単なる対症療法にすぎません。
    西洋医学的な観点から冷えを捉えると自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位な状態になっていることになります。
    現代は緊張を強いられるストレス社会であるため人は常に緊張しています。
    緊張すると血管が収縮し、体が冷えます。
    手先など如実です。
    逆にリラックスすれば副交感神経が優位となり、体は温かくなります。
    つまり、冷えを改善する一番の方法は温めること。とりわけ内臓を温めることが重要です。

冷えが招く諸症状

  • 内部から体を温めるとなると食事も大事ですね。体を冷やす食物と温める食物がありますよね。
    そうです。スーパーに並ぶ食品に季節感がなくなり、旬の食材を使って料理するという意識がかなり薄れてきています。
    夏の野菜や果物は体を冷やし、冬の根菜類などは体を温めるものが多いのですが、旬はおろか夏野菜と冬野菜の区別さえつかない人も少なくありません。
    ファストフードやファミレスを頻繁に利用し、家庭では手軽で便利な冷凍食品を多用する。食の欧米化に加え、そうした食習慣の変化が影響を及ぼしているように感じます。
    いずれにしても寒い時期に体を冷やす食べ物や飲み物を摂り過ぎてはいけません。内臓、特に胃腸が冷えると新陳代謝の低下を招くのです。
    その結果、手足の冷えや下痢、軟便、便秘等の症状が現れ、さらには頭痛、ウツといった症状につながる場合もあります。
    しかし、体の冷えについて理解できていないと、人は症状にばかり気をとられてしまいます。
    例えば少し鼻水が出たり喉に痛みを感じて「風邪をひいた」と言って来られる方がいます。初期症状の場合、それは風邪ではなく単に体が冷えたことによる生体反応なのです。
    西洋医学の解釈では風邪はウイルス感染を指します。その解釈をうけ、現代人は外部からのウイルス感染が原因で鼻水や喉の痛みが発症しているのだと勘違いし、すぐに市販の風邪薬を飲んだり、便秘だからと下剤を飲んだりするわけです。
    これでは一時的に症状は収まっても肝心の冷えの改善にはつながらないため、同じことを繰り返すことになってしまうのです。
    頭痛もそうです。神経過敏な人は気圧や気温の変化でも頭痛が起こることがあるのですが、明らかに風邪による症状ではないにも拘らず手っ取り早く風邪薬を服用してしまうのです。
    こうした実情を踏まえ、冷えの改善を図らなければ健康増進だけでなく病気の治療にならないということを強く感じています。
    その意味で、ビワ温灸などは自分でできる家庭療法、自助療法として最高ではないかと思います。

ビワ温灸で自助努力

  • やはり、ビワ温灸は自分自身で行なうのが有効ですか?
    養生とは”自力”つまり自助努力のことです。自助努力して、足りないところを”他力”を借りるというのが本来の医療の有り様です。
    私が患者さんに示す療養の樹(図 砲任いΔ函∪祥琉絣悗任△蹐Δ氾賤琉絣悗任△蹐Δ伴N鼎倭瓦涜称呂任后L擇両緝堯△垢覆錣岨淪佞良分なのです。
    花が咲き良い果が実るためには、根っこの部分から養分がしっかり吸収されなければなりません。この養分に相当するのが養生です。
    養生の基本は、呼吸、食、体、そして心です。
    この四つの養生はいずれも大切ですが、以外にも多くの方が体の養生を疎かにしています。
    現代人は体に対するアプローチをスポーツ的な概念で捉えています。
    走ったり跳んだりすれば確かに体が温まり、結果として筋肉、血流、神経、ホルモンなどが活性化し、気分だって良くなります。
    ただ、運動を沢山すればするほど体に良いと考えていたのでは、度が過ぎて体を傷めてしまうこともあるでしょう。
    養生の観点から何が欠けているかというと、適度に温めるということです。

適度に温める生活

  • 適度に温めるとは、具体的にはどのようなことですか。
    急に温めても駄目で、常日頃から体が冷えないようにするということです。
    例えば、物凄いストレスの中で交感神経が優位になり体が冷えている状態だと、お風呂に入れば一時的には温まりますが、またすぐに戻ってしまいます。
    温めるというのは熱くするという意味ではないのです。副交感神経が優位になるような生活をしなければなりません。
    したがって「治療効果は療養次第」といえます。
    ビワ温灸は東洋医学に属する療法だと思いますが、鍼灸師さんに当ててもらうだけでは他力になってしまいます。
    自分で、あるいは家族で当ててこそ本来の養生となり得るのです。
    これは非常に重要なポイントですが、皆さん忘れてしまっています。あるいは初めは理解していても、いつの間にか他力本願、他者依存状態に逆戻りしていることがあります。
    現代の生活は、環境的に天の四気から離れた状態に陥っています。エアコンの普及によって夏でも涼しく、冬でも暖かく過ごせるため体の調整能力が低下しているのです。
    しかも、デスクワークで長時間パソコンに向かうことが増えたことで血液の殆どは脳に集中し、体全体への血流は滞っています。
    加えて、本格的に高齢化社会を迎えたことで、老化に伴い新陳代謝が悪く、対応性が鈍った人が急速に増加してきました。
    暑さ寒さに適応できない。ホメオタシスといいますが、調整能力が衰え、自律神経の機能が働かなくなってしまっている状態です。
    だからこそ、体を内側から温めるために温野菜を摂るとか、常日頃から外側からビワ温灸で温めるなどの養生を行い、冷えの改善に努めることが必要なのです。

防衛力と免疫力は同一の原理

国家と個人の共通点

  • 近現代史の研究会を定期的に開催されているそうですが、医療との関係はどういうものですか。
    そもそもの発端は私が歴史好きで、歴史に興味を持つ人たちと色々な話をしているうちに人数が増え研究会へと進展したのが経緯であって当初は医療とは関係のないものでした。ただ、ホリスティックの観点から共通する部分も多く、根源的には同一のことだと思っています。
    研究会の立ち上げのきっかけとなったのは2011年3月11日の東日本大震災でした。人知を超えた大災害に直面し、我が国は大きなダメージを受けましたが、放射能の垂れ流しなど問題を抱えつつも何とか踏み止まりました。
    ところが翌年、我が国の国力が弱まったと見たのか韓国や中国が途端に竹島や尖閣諸島に対して領土を強く主張し始めました。
    領土は、国家にとっての本質です。
    我が国は戦後六十数年間、日米同盟を基軸にアメリカの庇護のもと安穏と平和を享受してきました。
    国家の防衛力は、個人の体に譬えると治癒力、免疫力ということです。
    私はガンの患者さんにガンと免疫力の関係(図◆砲砲弔い届辰鬚靴泙后
    人間の体内では毎日ガン細胞が発生していますが、治癒力、特に免疫力が優位に保たれることで健康を維持しています。
    このパワーバランスが個人でも国家でも非常に重要です。
    突然噴き出した領土問題に対し、強い反応を示したのが30〜40代の人たちでした。なぜ隣国が急に強硬な態度に出てきたのか、現状をどう捉えたらよいのか、不安を持つようになったわけです。
    子供はまだ小さく、守るべき自分の家庭や日本の将来に対して、ある意味では我々の世代以上に深刻に受け止めているのですが、テレビを見ても新聞を読んでもよく分からないというのです。
    かと言って、短絡的に、感情的なナショナリズムに煽られて、声高に”嫌中・嫌韓”を叫んだりする人たちにも違和感を覚えるという、非常にニュートラルで良識のある方々です。
    今まで自分の周囲の中国や韓国の人達とは何の違和感もなく交流してきたのに、日本対中国、あるいは韓国という図式になった途端になぜ関係性が変容してしまうのだろうか?
    そこで、韓国や中国の行動を考える時、まずは歴史というものを学ばなければ今日の関係性は理解できないことから、近現代史を勉強することになったわけです。

裏面史を学ぶ意義

    歴史というものは、例えば日本書紀や古事記のように時の権力者や統治者、すなわち勝者が作ったものです。その背後には常に敗者がいたわけですが、彼らの歴史は抹殺されて表には出てきません。
    敗者の歴史、裏面史も学ばなければ、単に教科書で習ったことを勉強していても仕方ないので、この研究会では主に裏面史に焦点を当てています。
    日本とは何か、日本人とは何か、それらを探っていくには国興しの話から始めたいところですが、文献が少ないので口伝や説話の世界になってしまう。
    そこで文献の残っている近現代史から遡っていき、最終的には日本人の精神とか魂といったものにまで追求しようということになったのです。
    全ての存在にはサニーサイドとダークサイドが存在します。光が当たる月の表面だけでなく、裏側はどうなっているのか。一応、その部分も知っておく。
    それが正しいかどうかは賛否両論あるけれど、そういう考え方もあるという知的な部分がないと歴史を正確には判断できないと考えたわけです。
    自分が生まれ育った日本という国に対する想い、その将来に不安と危機感を持って集まったメンバーには、政治的、思想的ではない、『志』のようなものを感じています。
    私は、右翼ではありませんが、青年期に三島由紀夫さんの自決に強い衝撃を受けた一人です。
    現在の日本の姿を観ると、残念ながら生前、彼が予想した通りになってしまったと思います。
    こうして歴史の観点から日本という国の有り様を探っていくと非常に面白いのですが、関心のない人は全くない。何の疑念も持たずに生きて行ける人もいるわけです。
    しかし、それは、ある日突然、ガンなどの重い病気が判明してパニックに陥り、周りの一般的な情報では自分を全く納得させられないのと酷似しています。
    青天の霹靂の如く災害が起こり、外国の脅威に晒されて戸惑い慌てている姿と重なります。
    突然、大きな地震が起きるかもしれない。大病に患ってしまうかもしれない。それでも多くの人たちは無頓着に過ごしています。
    自分では健康が当たり前だと思っていても、体内では常に発生するガン細胞やウイルスの侵入に対抗して免疫力が懸命に働いてバランスを維持しているわけで、免疫力が下がったときに病気は症状という形で顕現するのです。
    自身の治癒力を高める養生は、国家の防衛力の維持と原理的に一緒です。
    現在を知るためには過去を学ばねばなりません。また、過去と現在を通して未来を予想するわけです。
    少し難しい話になりますが、私たちが心と呼んでいる表面あるいは表層意識はとても流動的です。プラス思考にもなれるし、自分の意思で何とでも考えられます。

体の声に耳を傾ける

    一方、体というものは潜在あるいは深層意識で成立していると私は考えています。つまり、無意識の存在であって日頃、心つまり表面意識が体つまり潜在意識を支配しているわけです。
    例えば、社会適応するために体は疲れて寝ていたい時も心が叱咤激励して動かしている状態です。
    馬車に譬えると馬が体で、御者が心です。馬は若いうちは鞭でパーンと叩かれると多少疲れてもどんどん走ります。しかし、年老いても同じことを続けていれば、馬は突然、倒れてしまう。
    時々、心に支配された体に問いかけ、体の声を聴くようにしなければ、体は馬のように倒れてしまうでしょう。
    特に若年でガンになる人は真面目な善い人が多く、体が悲鳴を上げていても、心という自分が体という自分を無視して酷使し続けてしまうのです。
    無意識である体のメッセージに耳を傾けさせるのが病気の役割だとするならば、心に支配されてしまった体に焦点を合わせ、”本当の自分”は何を望み、あるいは何をしたくないのかといった深いところを見つめることが必要です。
    ガンは治ると信じて色々なものに取り組むのは大事なことです。確かに表層意識としての心はコントロールできますから。
    しかし、本質的な不安感に耳を塞ぎ、がむしゃらに心をプラス思考にしむけたところで、それは病気になった過程と同じことをやっているのと変わりません。
    心の支配を、一旦取り除き、”本当の自分”が願う状況を感性的に探っていく作業が必要なのです。

今日一日を生き切る

    特にシリアスな病気の場合はそうです。
    最終的には”散る桜 残る桜も 散る桜”であり、結局のところ、私たちは肉体的には滅んでしまう宿命にあり、100年後には今この世にいる人は誰も存在しません。
    いつか分からない、あるいは明日突然来るかもしれないその日に向けて、心と体をきちんと整える。
    瀬戸内寂聴さんの言葉に「今を生き切る」とあります。本当は一瞬一瞬を生き切るのですが、とても難しいから、今日一日を生き切るのです。
    私が指導する養生の一日は、朝起きて呼吸を整え、スワイショウで体を温め、食事を摂ります。
    呼吸のときは呼吸だけ、体の時は体だけ、食べる時は食べることだけに集中して、他のことは考えない。
    仕事の時、人と話す時、歩く時も同じです。日常の動作の一つ一つをそのことだけに専念してしっかりと行なう。”一意専心”です。
    ガンの患者さんは、四六時中、ガンという意識が額にピタ〜ッと張り付いているものだから何をやってもうわの空でしかできません。
    そうではなくて、歩くときには一歩一歩真剣に歩くのです。
    初めは難しいけれど余計なことは考えず、日常動作に集中することです。
    そして、一日の終わりにスワイショウをし、呼吸を整え、瞑想とか座禅をして寝る。
    自分のやるべきことをやり続けていくうちに、余命半年の宣告を受けた人が20年近く生きることになるわけで、日々を「今日一日、やるべきことはやった。悔いはない」という心構えで過ごしていると、心身が落ち着き、治癒力が活性化されてきます。

瞑想で集中力を養う

    瞑想の本質は「意識的な集中」ですが、誰でも無意識ならば集中することができます。
    例えば、ゴルフの練習で球を打っていると無心になってストレス解消にはなります。しかし、それは無意識によるものなので一時的で持続しません。
    瞑想は、意識的に集中します。自分が集中していることを自覚しつつ集中する。
    これが「マインドフルネス」。心を留める。そこに置くということです。
    いつも人の心は動きやすくザワザワしていますが、とりあえずそこに置いておく。
    この集中ができると治癒力がグッと上がるのです。
    しかし、ガンを告知された人はその瞬間から何も聞こえなくなります。一時的に抑ウツ状態になり集中力がなくなります。
    家族がお笑い番組を見て大笑いしていても、何がおかしいのか分からない。芸人の言葉なんて全く耳に入ってこないのです。
    次第に状態が上向いてくると笑うことができるようになります。笑うということ自体、集中することなのです。
    笑うと免疫力は上がります。うちでお笑い療法を行なったデータがありますが、僅か2時間笑っただけで実験者の7割以上がNK細胞の数値が上昇しました。
    但し、例外的に下がった人がいました。取材に来ていたテレビのディレクターです。番組作りのことで頭が一杯だから笑う余裕がなかったのです。
    もう一人下がっていたのはカップルで参加した女の子でした。あとでVTRをチェックしてみると隣の彼氏を気にしながら遠慮気味に笑っていました。
    何かを気にしながら大笑いすることはできません。
    笑うこと一つでも集中力が必要だということです。
    集中することは簡単ではありませんが、集中が出来ると余分なものが取り去られます。

就寝前に心を整える

    人間の感覚は時空を超えるので集中すると時間が早く過ぎていきます。逆に気が散っていると時間は長く感じられます。
    私の瞑想の先生は世界中を回り、ヒマラヤのヨーガの行者とも修行をされました。
    ヨーガの行者は、朝6時〜夕方5時くらいまで、食事とトイレ以外は岩の上に座り、10時間以上瞑想をするそうです。
    私の先生だって立派な人ですが、それでも2時間、3時間と座っていると集中力が途切れて『長いな』と感じ始め、午後になって日が陰ってくると寒さも加わって色々な雑念が湧いてきて『早く終わりたいな』と思うわけです。
    しかし、ヨーガの行者は平然と毎日毎日それを繰り返しておられる。
    私の先生は修行の最後に尋ねてみたそうです。
    『私はまだ未熟者で初めは良いけれど午後になると雑念ばかり湧いて時間が長く感じて瞑想できません。先生は如何ですか』と。
    行者の先生は、『私も10時間が短いとは感じないけれど、本当に集中できると5分経ったかなと思うと30分だったり、30分かと思ったら2時間だったりするのですよ』と答えられたそうです。
    とかく皆さんは勘違いしがちです。瞑想をすれば無とかそらになれると・・・。我々凡人は無になんて絶対になれません。
    心の中は色々な雑念で常にザワザワしているけれど、毎日毎日瞑想を続けるうちにある一瞬、ほんの数分と思ったら15分も経っていたり、フッと我を忘れる瞬間があり、さらに続けていると段々と伸びて30分とかになっていくのです。
    集中することが時空を超え、不思議なことにホルモンや免疫、様々なバランスを良くするものだから、結果として治癒力が活性化するのです。
    夜は入浴やビワ温灸で体を温めた後、瞑想してから寝ると良いのです。
    我々凡人は達人とは違うので体が冷えているとあまり集中できません。
    寒い場所やストレスを感じる環境は避け、自分の部屋など落ち着ける場所で、少し灯りを暗くするとかアロマを焚くなどリラックスできる環境を整えて瞑想をして下さい。
    それを続けていると少々雑念があってもやがて心と体の区別がつかない一体化したような感じになります。

養生を通して”未病”を感じる

絆を回復する医療

    人間の意識は深いところに入っていくと自分というものがなくなっていきます。
    ドイツの哲学者ユングのいう集合的無意識という連帯性が出てくるのです。
    宗教的なものは大体そうですが、神様とか仏様とか大いなるものとつながっている感じ、あるいは家族でも良いのですが、つながっているように感じるのです。
    人は、本能的に、つながりを感じると安心し落ち着くのです。
    末期ガンと告知されても体のどこかが急に悪くなるわけではありません。深刻なのは健康だと思っていた自分が突然健康ではないと否定され、いままでの関係性が断ち切られるという不安感、物凄い疎外感を感じることです。
    その断ち切られたつながりを回復するのがホリスティック医学の本質なのです。
    仮にガンの末期で手遅れという状態であっても家族なり、ホスピスでも構いませんが、人との関係性、絆というものが回復してくることが大切です。特に家族は大切です。
    それから、どんな病気でも突然発症するわけではなく、必ず前段階の”未病”の状態があります。
    養生を始めると感覚的に自分自身の不調が判るようになってきます。
    体は常に何らかのメッセージを発していますが、現代人はそれをキャッチする感覚が失われているため未病が”既病”になってしまう。
    東洋医学でいう冷えは未病です。体が冷えていることは病気ではないけれど、その先に既病が待っていることを知らなければなりません。

調息、調身、調心

  • 現代人の生活は無意識のうちに”ながら族”になっていますね。情報は溢れていますが、ご指摘のように体のサインを読み取る感性は却って鈍くなっているように思えます。
    当クリニックは8割以上がガンの患者さんで、そのうち6割以上はステージ犬弔泙蝓嫌な言葉ですが、”末期がん”の方々です。
    私は養生の大切さを説明しますが、それでも皆さん、なかなか実践されません。
    知っているだけでなく実際に行なうとなると大きなハードルがあります。面倒でも自分自身でやらなければ養生にはなりません。
    呼吸、食、どこから入っても構いませんが、最終的には”調息・調身・調心”となります。
    呼吸法で息が整うと体が整ってきますし、体が整うと必ず心が整うようになっています。
    心と体は『身心一如』。
    現在では西洋医学でいう心身症に倣ってか『心身一如』と書きますが、本来は『身心一如』であって、体の方を先に書きました。
    体と心は一つのようであり、表裏一体であることを意味しています。
    体が緊張している時は心も緊張し、体が緩んでいる時は心も緩んでいます。まず体を暖めることです。
    体の養生の中にはビワ温灸も入っていますが、体が温まって緩んでくると必ず心も緩んできます。これをガンの患者さんの施療に用いているのです。
    ガンの患者さんは笑いのセラピーなどを行なうと人前では笑っているけれど、一人になった時は急にシリアスになり、余計に不安に襲われることがあります。
    あまりひどいと睡眠薬もやむを得ませんが、呼吸を整え体がリラックスすると心もリラックスできます。瞑想しながら一日を整理し、落ち着いたところで休むようにすると良いのです。
    時間の概念は現在、過去、未来で表しますが、実際は常に今の連続であって過去も未来もありません。
    今が幸せなら過去のイメージも幸せなものとなるし、今がもの凄く辛ければ過去も辛いものになり、未来だって辛いものになってしまいます。
    つまり、現在の意識の状態が過去にも未来にも映し出されているのです。
    過去も未来も存在しないのだから今日一日を悔いなく生き切る。宗教的に表現すれば、寝るということは、一旦死ぬということであり、翌日は再生したとみなすこともできます。
    死と再生を繰り返す価値観、それが養生の本質だろうと私は思っています。

自分自身と和解する

    このような養生について話をしても男性には観念的な人が多く、心の支配から脱せず、なかなか実践に至りません。
    一方、女性は柔軟で真剣に取り組む人が多い傾向にあります。
    養生は、習慣づけることが大切でクセになれば結果がついてきます。
    人は結果が出ないと続けられません。結果の伴わない不毛なる闘いはできないものです。
    私の講演は堅苦しくなく、漫談のようなものです。それでも、男性の中には腕組みをして『こいつ何を喋るんだ』といった視線を送ってくる人がいます。
    一方、女性は前のめりです。関西のおばちゃんタイプだと初めから笑う気満々で参加されています。
    笑うだけで心も体も緩みます。
    最近、私は講演の終盤で極論を話しています。
    「ガンになったら、旦那の世話なんかしなくていい。まず自分のやりたいこと、やりたくないことを考えて下さい」と。
    「そんなこと無理です」と言われますが、実際に家事をサボってみると関係は変わるのです。「私はガンだからできない」と宣言すれば、夫は「それでもやれ!」とは言えません。
    日頃威張っている旦那さんほど奥さんに依存しているので、それをきっかけに関係が変わって優しくなったりするのです。
    わがままになってもいい、病気なんだから。
    炊事を任せてしまうとか、やりたくないことはなるべくしないとか、それで良いわけです。
    そして、病気の人は不機嫌そうな人とは極力会わないようにし、元気な人の側に行くべきです。
    元気にイキイキ生きるというのが私の掲げる基本テーマです。
    病があったらイキイキ生きられないかというと、そんなことはありません。人間誰しもいずれは病気になるわけで、末期ガンの人だってイキイキ生きることはできます。
    そして、一人の時は本当の自分と向き合うのです。いつも善い人でいようとか、常識的にこうあらねばならないとか、親子や人間関係など自分の心を縛りつけ、硬直化させているものを解いていく。
    病んでいる人は心身ともに固まっています。
    私は”和解”と呼んでいますが、瞑想し、深いところで自分を赦す。『そんなに頑張らなくていいよ』と自分で自分に語りかけていくのです。

元気にイキイキ生きる!

関係性を再認識

  • 人は真面目に生きてきたようで本来あるべき自分の姿を見失い、放置した結果として病に陥っているとすれば、自分自身の健康に対して無責任だったとも言えるのですね。
    そうです。社会に適応するということは、その人にとって心地好くないこともせざるを得ないわけです。仕事にはそういう要素が多々あります。
    ある女性は、肩こりがひどく、常に頭痛に悩まされていましたが、なぜか右半身だけでした。
    話を聞くと、大嫌いな上司が自分の右側にいるというのです。
    暫くしてその上司が左側の席に移ると今度は左に症状が出るようになり、原因がはっきりしました。
    心が拒否すると体も拒否し、やがて症状となって現れてくるのです。この状態では、多少肩を揉んだところで一時的な改善しか得られません。
    彼女は自分で養生を始め、心に貼りつき、凝り固まったものに気づき、上司に対する拒否感を緩めていくことで徐々に症状は改善していきました。
    こうなれば、もう上司がどこにいても関係ありません。そのことを自覚することが大切です。
    病気は関係性を変えたり、絆を結ぶきっかけにもなります。
    次に、死亡率トップの肺ガンについてお話しましょう。
    肺ガンは病理組織学的に小細胞ガンと非小細胞ガンの二つに分かれますが、男性でタバコを吸う人がなるのは扁平上皮ガンや小細胞ガンです。
    最近は女性の肺ガンも増加していますが、こちらは殆ど非小細胞ガンの腺ガンです。
    女性の患者さんに「旦那さん、タバコ吸ってます?」と尋ねると「はい」と答える人が多い。これは誘導喫煙、副流煙が原因です。副流煙は腺ガンを誘引します。
    診察の場でご主人のタバコが原因だと言ってしまうと家庭がもめるので口にしませんが、講演では「あなたやあなたの友人が肺腺ガンになったら旦那が原因だと教えてあげろ」と話します。
    奥さんが肺ガンになっているにも拘らず、その横でタバコをプカプカ吸う無神経な旦那もいます。自分が原因かもしれないと気づかせないと駄目です。

本当の自分を生きる

  • 体に直接影響を及ぼすタバコの副流煙に限らず、夫婦や家族の関係性が病気の原因になっていることがあるということですね。
    その意味で病気は一概に悪いものとも言えません。もちろん精神的に辛いし、体の苦痛を伴いますから治るにこしたことはありません。
    しかし、例え治癒が困難であったとしても、関係性が回復することのほうが大切な場合もあるのです。
    実際、末期ガンの人は改善する人もいますが亡くなる人も少なくありません。
    問題はその亡くなり方です。人の生き方は死に方であって、長く生きるほうが良いけれど、生き方の質はもっと大事です。
    クオリティー・オブ・ライフ(QOL)という言葉は生活の質と訳されますが、それは生命の質、人生の質、そして生き方の質を指すものです。 ガンで亡くなるにしても人生の質が高まって、それまでの親子のわだかまりが氷解していくことはよくあります。家族の関係性がリセットされるのです。
    末期ガンの場合は、いつかは現実を受け容れざるを得ないし、親子の関係にも向き合わざるを得なくなります。
    お互い元気なうちは気持はあってもなかなか伝えられないものです。
    喧嘩に譬えれば、角を突き合わせていた相手が弱ってくるともはや喧嘩は成立しなくなります。
    疎遠になっていた親子の間に感謝の言葉が出てくるというのは、頑なになっていた心が緩んだことを現しています。
    病気には功罪があり、これは功の部分といえると思います。
    日常の養生に話を戻すと現代人は心も体も緊張と弛緩のメリハリがつけられない人が増えています。
    例えば、北朝鮮に暮らす人たちは気の毒で、あんな環境下では耐えられないだろうと想像しますが、当事者にしてはそれほどでもないということがあります。
    長年、同じ状況下にいると交感神経が優位な状態にも慣れてしまう。むしろ急に体制が変わってガタガタし始めるほうが大変かもしれません。
    人間は悪ければ悪いなりに、安定していれば意外にリラックスできる面を持っています。
    日本はどうか。表面的には自由で民主的、緩やかな体制です。表向きはそうですが、裏側には権力構造がしっかりと存在しています。
    表と裏が違っている方がバランスを取りづらく、ストレスが大きいということだってあるのです。
    戦時中の収容所など苛酷な環境下、すなわち交感神経が常に優位な中にあっても自身を上手く緩めることができた人が生き残れたのではないでしょうか。
    日常でも嫌なことはあります。そんなとき気の合う友人と話をしたり、笑ったりしているとストレスは軽減されます。だけど、嫌な事を思い出すとまた元に戻ってしまいます。
    そこで呼吸法でも何でも、自分を緩めることを行なうのです。気分転換の上手な人は無意識のうちにそれに似たことを行なっているのです。

  • 表面的に縛られていたつながりが大病を得ることによって断ち切られ、それを機に本来的なつながりに気づいて関係性を取り戻すことがホリスティック的な医療と言えるのですね。
    定年などもそうですが、人は状況やシチュエーションが変わったとき、本当に大事なものに気づくということがあります。
    末期ガンを宣告されて初めて本当に自分がやりたかったことに目覚め、あっさり会社を辞めてしまった人もいます。
    その人には病気が治る治らないではなく、限られた時間でも本気でやりたいことに取り組めることが大事なファクターであって、実にイキイキとしているのです。
    ナラティブ・ベース・メディスン(NBM)。一人ひとりの”病の物語”をベースにした医療が始まるということです。
    科学的根拠に基づく西洋医学は、エビデンス・ベース・メディスン(EBM)といい標準的な治療を行ないます。
    これとは対称的にNBMオーダーメイドの医療を施していくのです。
    病の背景にある個人の思いとか親子の関係性など、欠落した何かを探っていくことだってあります。

生命に響く『大丈夫』の一言

医療者の人間性が重要

  • ホリスティック医学を行なう医療者は医療知識はもちろん、経験や包容力など人間的な力量が問われることになりますね。
    そうですね。私は理性的というよりは感性人間で、元来、医者というより哲学や文学が好きな文系のタイプで人間に興味がありますので違和感はありませんが、病気を抱えた人との関わりは人間嫌いの人では難しいでしょう。
    通常の医療はあくまで行為でしかありませんし、一般的な医者は関係性なんて面倒なことは扱いません。ガンでも単純に標準治療を施し、やれることがなくなればホスピスへ、となります。
    これは西洋医学の特性ですが、そういう医者は末期の患者さんを診てはいけません。
    医者には理数系の人間が多く、患者さんとの関係性などは殆ど考慮せず情報として人間をデータ化するのが得意な人が多いです。
    しかし、データ化した途端、”個”というものは消えてしまいます。
    それでも、その方がやりやすく、また多人数を相手にする時にはそれしかできないのが現状です。
    幸か不幸か当クリニックは患者さんの数は限られていますから一人ひとりに時間をかけることが可能です。経営的には残念な部分なんですが・・・(笑)。
    全国から、わざわざ訪ねてみえるのには理由があるわけで、いつもそれが何かを考えます。
    私は人間の体はそんなに「やわではない」と本当に思っているので、ガンの患者さんに「今は大変ですけど大丈夫ですよ」と話します。
    大学では、医者は「大丈夫ですよ」と軽々しく言ってはならないと教えられましたが、患者さんにとっては、医者の大丈夫だという言葉が非常に大事だということに気づきました。
    人は皆、今日も明日も生きていると思っているから生きていられるのです。
    それなのに『余命3ヶ月』とか言ってはいけません。データ的には事実かもしれないけれど、患者さんから頼られている人間がそれを言ったらおしまいです。
    私は「少なくとも、今日、明日は大丈夫です。毎日毎日やるべきことをやりましょう」と話します。
    明日亡くなるような重い状態の人でも、その言葉によって大いなる力が働いて元気になるということはいくらだってあるのです。
    ガンが全身に転移したステージ犬諒たち30人を追いかけたところ5年生存率が6割を超えたデータを示したり、乳ガンから肺に転移したステージ犬諒が、当クリニックの統合医学を実践しながら20年間、元気に過ごされたケースなどを紹介し、全然諦めることはないと話しています。
    もちろん、いくら大丈夫といっても人間の死亡率は100%なので永遠に大丈夫ではないのだから、その人なりに生きていくことを大切にしてもらいます。
    殆どの人は希望なんてはっきりしたものではなくぼんやりとした安心感みたいなもので生きています。
    もしかすると希望なんて一種の幻想あるいは嘘かもしれません。
    嘘かもしれないけれど、それをもって人間が生きていけるのだったら、私は嘘でも幻想でもいいと思っています。
    本当に末期の状態だと今日は大丈夫と言っても明日は亡くなるかもしれません。そういう極限では、たとえ嘘でも『大丈夫』の一言が便りとなって命をつないでいる人を幾人も診てきました。
    もはや時間の問題で、肉体は早く楽になりたがっているかのようです。それでも、まだ死を受け容れられないとか、まだやりたいことがあると心が頑張って、体を生かし続けていることもあるのです。 なので私は診察が終わると「また明日来てくださいね」と言います。
    最近は、それが医師としての私の役割なのだと、吹っ切れ、メンタルケアのようなことを日々行なっているのです。

  • ありがとうございました。

『ビワと健康』  2014年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 識者に聞く > ”身心一如”の養生を掴む