亀岡接骨院

福島県伊達郡保原町10−9 TEL:0245−76−3656


開設前からビワの葉療法の導入を検討していたという亀岡接骨院。柔道整復師の肩書きを持つ亀岡清之院長は、格闘技好きの熱血漢だ。最新医療機器とビワの葉療法とを上手に合致させた独自の治療システムが奏効しているとの情報を得て、さっそく訪ねてみた。

  • 接骨院を開設したきっかけは何ですか?
    小さい頃からプロレスや柔道などの格闘技が大好きで、トレーナーになることを真剣に考えた時期もありました。インターン時代は柔道を教えていましたが、プロレスラーが治療に来たこともありました。柔道日本一の坂口征二さんとも多少の縁があり、好きなことの延長線で賢明な道を選択したということですね。

  • ビワの葉温灸導入の経緯は?
    開設にあたり効果的で特徴ある療法はないものかと検討していたところ、文献等でビワの葉療法を知りました。実際に温灸の現場を見学したりして素晴らしさを実感したのですが、問題は煙と臭いでした。たまたま友人の治療院で遠赤外線のビワ温灸器を導入した話を聞き、訪ねてみました。煙と臭いの問題をクリアし、とても良い効果が出ていましたから迷わず導入しました。

  • 治療にはビワの葉療法をどう組み込んでいますか?
    患者さんによって多少違いますが、一定の治療パターンがあります。
    受付を済ませるとビワ茶を飲みながら電子浴の椅子に座って順番を待っていただき、入室後はまずローラーベッド等で血行を良くし、続いてビワの葉超音波浴に入っていただきます。次に高周波、低周波、あるいは磁気治療を行ない、ビワの葉温灸を施したうえで最後に手技療法(整体、マッサージ、骨格矯正等)で締め括ります。
    腰、肩、膝痛のある方にはビワの葉温湿布も行ないます。

  • ビワの葉療法の具体的な効果を教えて下さい。
    肩こり、腰痛、冷え症はじめ痛みやしびれを取り除くのに即効性がありますが、他にも耳鳴り、便秘、下痢、アレルギー性皮膚炎等でも良い効果が出ています。硬直したアキレス腱が伸縮するようになった例や、ガンの手術後1年近く足がむくんでいた方が、ビワ茶を飲み始めて1週間ほどで治ったケースもあります。

  • 最後に治療における信条をお話し下さい。
    患者さん1人ひとりの症状と事情を把握し、その人に最も適した治療を心掛けています。病院での対症療法に不安を持つ方も少なくなく、手術に対する相談を受けることもあります。うちではMRI等の検査でつながりを持つ病院もあり、医者と患者さんの仲立役を担うこともたびたびです。要は、安心して早く良くなっていただくことが1番です。いつでも親身になってご相談に応じます。

『ビワと健康』  97年3月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 亀岡接骨院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入