肺ガン手術後順調に回復

埼玉県越谷市 川口力也 さん (48歳)


小さい時から病気やケガが多く、身体が丈夫でない割にお酒が好きで、ろくに食事を摂らない生活を長年続けてきたツケでしょうか、6年前に静脈瘤で手術を受けました。

術後も無理をしたり深酒をすると激しい動悸と頻脈で顔色が真っ青になっていましたが、なかなか生活習慣は変えられませんでした。

また、静脈瘤になる以前から酒を飲みすぎると咳や痰が出ていたのですが、2年前の検査から肺に影が映り始めました。

肺の影は検査の度に映ったり消えたりで、何となく結核の疑いを持つ程度でしたが、平成6年の定期検診で突然肺ガンと診断されました。

結核どころか肺ガンだった…。
さすがに衝撃を受け、妻の助言で野菜を食べたり、ビワの葉のコンニャク湿布を始めたりしましたが、当初の薬治療では良い結果が得られず、1ヶ月後に手術することになりました。

5時間にわたる手術は成功でした。さいわい第1期(初期症状)だったため、右肺の3分の1を切除するだけで済み、わずか3週間で退院しましたが、担当医には「肺が栄養失調です。野菜、果物、海草類を摂るようにしてください」と釘をさされました。

芯から温まるビワ風呂

退院後、食事に気をつけるとともに本気でビワの葉療法に取り組む気持ちになり、帯津三敬病院・古瀬政勝先生の講演会に参加しました。
以来、ビワ風呂に入るようになりました。身体の芯から温まり、冷え症で靴下をはかないと眠れなかったのがよく眠れるようになり、傷口にも良いことを発見しました。

ビワ風呂から上がると、毎日1時間ビワの葉温灸をします。ぽかぽかと気持ち良く、風邪をひくことも少なくなりました。
まれに油断して風邪をひいても、胸の前後に温灸を当てると短時間で咳が鎮まります。

船内でも毎日ビワ温灸

仕事の関係上、2ヶ月間船に乗りっぱなしということも度々ですが、もちろん船内でも就寝前には必ず温灸器で温灸を当てるようにしています。
ビワの葉温灸を始めて約2年。酒量が減ったせいもあるでしょうが、胸ばかりか胃の調子も良くなり、前回の検診では血液、レントゲンいずれも問題なしと言われました。

改めてビワの葉療法を勧めてくれた妻に感謝していますが、彼女もつい最近、スキーで転んで首筋から肩を痛めた際、ビワの葉温灸で良くなりました。
中学校の子供たちもビワ風呂のほか、ビワの種やビワ茶も愛用するなど、家中ビワ好きになりました。

『ビワと健康』  97年3月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺ガン手術後順調に回復
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入