息子たちの花粉症に即効性

東京都中央区 小野英雄 さん (54歳)

我が家では花粉症なんて誰も縁がないと思って過ごしてきましたが、ついに今年は違っていました。

3月半ば、高3の長男がやたらと鼻水を流し始め、普段は面倒くさがって朝もろくに顔を洗わないのに、帰宅するや否や一生懸命に洗顔をしていたのです。

食卓テーブルには自分専用のティッシュ箱を置き、四六時中鼻をかむようになりました。
数日後、今度は中2の次男が鼻をズルズルとすすり上げるようになったのです。
そこで、この時とばかり棚の奥で久しく眠っていたビワの種(錠剤タイプ)を引っ張り出してきて、二人に食べさせました。

素直に食べた長男とは対照的に反抗期の次男は半信半疑で、とりあえず口には入れてみたものの「苦くて、甘くて、美味しくない」と不満を漏らしました。
「粉末タイプもあるけど、それだと苦いだけだよ」と話すと「それはもっと嫌」とぼやいていました。
ところが、ビワの種を食べてから30分ほどで二人の症状はピタッと収まってしまったのです。
さすがにこれには次男も驚いたらしく、翌日からはせっせと自分で食べるようになりました。

くしゃみや鼻水で辛そうにしている人たちを横目に見ながら、いとも簡単に平気になれた自分が不思議でならなかったようです。
ビワの種の効果は、8時間ほどで切れて夕方には再び症状が出てきます。
そこで次男の取った行動は、食べる量を増やすことでした。食べれば食べるほど効くに違いないとの発想から日毎量を増やし、ついには40錠を頬ばるように食べ始めたのです。
さすがに「多すぎるよ」と注意しました。

結局、20錠でも40錠でも効果はさほど変わらないことが分かり、無謀な摂取はやめました。
初めは「まずい」とこぼした次男も「こんなにビワはよく効くのに何でもっとメディアを使って宣伝しないの」と生意気な口を叩くようになっていました。
論より証拠、花粉症でのビワの種はまさに驚異的な即効性を発揮します。

『ビワと健康』  2013年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 息子たちの花粉症に即効性
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入