30年来の膝痛を克服

福岡県北九州市 冨安義昭 さん (62歳)


現在80歳の家内の母は、長年膝痛で苦しんできました。

もともとリウマチの気があり、肥満体でO脚のため特に膝の内側が痛むのですが、病院では”変形性膝関節症”と診断され、50歳の頃からまる30年間痛みと闘ってきました。

幾度となく膝の水を抜いたり、鍼灸や指圧に通ったりしてきましたが、いずれも一時的な効果しか得られませんでした。

平成4年にはリウマチ等の治療で実績のある大分の病院に入院し、「超低温運動療法」を受けました。

畳2枚分の小さな部屋に、同様の症状を抱える患者4〜5人が下着のみで入り、マイナス150℃〜180℃の冷気を浴びながら約2分間、ワッショイ、ワッショイとかけ声をかけながらぐるぐる回り、その部屋から出た後、さらに約1時間運動をする特殊な治療です。

たしかに母はこの療法で膝の腫れがひき、体調もかなり良くなりましたが、なにぶん高齢者には過酷で、痛みがとれぬまま3ヶ月が過ぎたあたりで音をあげてしまいました。
その後も入退院を繰り返しましたが痛みはとれず、昨年の8月から自宅でビワの葉温灸を始めました。

基本のツボと快癒点、それと患部に毎朝夕食後、手当をしましたが、温灸を始めてわずか21日目にして膝の痛みはとれてしまいました。
温灸を始めてから内臓も強くなり、思い切って左膝の手術を受けました。術後の経過はことのほか良好で、「ビワのお陰だ」と喜んでいます。

そんな母の姿を見ながら、病気で苦しんでおられる方々のお役に立てればと思い立ち、ビワの葉温熱療法普及会のインストラクター講習会に参加しました。
病気でお困りの方、自然食やビワの葉療法に関心をお持ちの方は遠慮なくご連絡ください。(電話:093−321−5692)

『ビワと健康』  97年2月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 30年来の膝痛を克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入