炎症性の痛みにビワの種

沖縄県 N さん

ビワの種の血液浄化能力は素晴らしいと常々感じています。改善例をいくつか挙げてみたいと思います。
  1. 潰瘍性大腸炎だった女性(20代)はビワ温灸とビワの種の摂取により血便が改善しました。
    ビワの種(錠剤タイプ)は1日30粒ほどをしばらく続けることで、血便が収まりました。

  2. 右股関節痛の女性(60代)は、痛みが出始めて1ヶ月ほど経っていましたが、ビワの種を30粒摂り翌日には改善しました。
    この方は股関節の痛みを取る目的ではなく、高血圧の改善を期待して飲んだところ思わぬ結果が得られたという形でした。
    股関節痛は、ビワ温灸だけで改善することも多いのですが、この方の場合なかなか痛みが取りきれず、意外にもビワの種で改善した例でした。
    座骨神経痛の方なども痛みが取り切れないときビワの種を飲むとスッキリ取れます。炎症性の痛みには非常に良いと感じます。

  3. 肥厚性びらん性胃炎の改善は私自身(55)です。
    シクシクする痛みがあり、痛みの患部と腰にビワ温灸を当て、ホットパックも行いました。胃の辺りを前後から挟み込む”抜き打ち灸”の形態で当てました。毎日15分程度当てて1週間足らずで痛みは消えました。ビワの種は毎日30粒摂取しました。
    基本的にどんな症状であれ、ビワの種は30粒を目安にし、症状が収まってから量を加減するようにしています。お客様にもその方法をお勧めしています。

  4. ものもらいの改善も私自身です。
    腫れ初めの『ものもらいが出来そうだな・・・』と感じたときにビワの種を飲めば、腫れが大きくなることなく収まってくれます。
    いわゆる出もの腫れもの類には、抜群の威力を発揮する気がします。
    高血圧のためにビワ温灸を行い、ビワの種を飲んだ方(70代)は肩こりと魚の目が取れました。
    なぜか高血圧自体が改善した例はあまり聞かないのですが、ビワの種で別の症状が良くなることが多いのは不思議です。

    猫の膀胱炎も改善

  5. うちの飼い猫(オス、4歳)の膀胱炎、皮膚炎が改善しました。
    実は猫の膀胱炎も結構大変です。動物病院で麻酔をしてカテーテルを入れて治療をしますが、治ってもすぐに再発を繰り返していました。
    ビワ温灸を試みたものの嫌がってなかなか当てさせないため、缶詰に入った柔らかいタイプのキャットフードにビワの種(粉末タイプ)を朝晩スプーン二分の一杯を混ぜてみたところ翌日からスムーズにオシッコが出るようになり、それ以来病院に行かなくて済むようになりました。
    また、耳の周囲も痒がっていつも掻きむしっていましたが、それも改善しました。
    今は何も問題はありませんが、予防のため朝1回スプーン二分の一杯弱を餌に混ぜています。
このようにビワの種は皆さんに喜ばれ、私自身とても助けられています。

『ビワと健康』  2012年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 炎症性の痛みにビワの種
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入