顔面打撲にビワの威力!

宮崎県児湯郡 Mother Hand 後藤かおり 代表

大雨の夜でした。たまたま私は実家に泊まりに行っていました。

どしゃ降りの中、車で帰宅した母(59)はいつものように庭に車を停め、急いで家の中に駆け込もうとした途端、柱にドーンとぶつかってしまったのです。
あまりの痛さにふらつきながら入ってきて、「目から火が出るほど痛かった〜」とこぼしました。

ぶつけたのは顔面で、頬と目の横あたりを強打していました。
母は痛みをこらえながら「明日、地区の集まりがあるのに顔が腫れてたら恥ずかしい」と嘆くのです。
そこで私は、持参していた里芋パスタにビワエキスを練り込んでガーゼに伸ばし、まだお化粧をしたままの母の顔に湿布をしてあげました。
すぐに処置したのが奏効したと思います。
翌朝にはきれいに痛みは消え、ぶつけた箇所もかすかに『この辺りかな・・・』という程度の痕に収まり、お化粧をすると全く分かりませんでした。

子供の虫刺されにも

わが家では、何かあればすぐにビワ療法です。
3歳の息子は虫アレルギーというのか、虫に刺されると結構厄介です。

通常、蚊に刺されても1日か2日経てば腫れは収まるものです。しかし、息子の場合は4、5日経っても赤い腫れが続くのです。
市販の痒み止めを塗っても全く効かず、痒がって掻き毟ってしまうため余計に長引くことになります。
こんなときに役立つのがビワエキスです。
散歩に行って虫に刺されたことに気づくとすぐに塗ってやります。すると1時間もしないうちに赤味や腫れは収まり、痒がることもありません。
私が何かにつけてビワエキスを活用するものだから息子にすっかりインプットされたようで、手や足をぶつけるとすぐ「ママ、ビワつけて」とせがみます。
そんなわけで私は常にビワエキスを小瓶に入れて持ち歩いています。

主人の肩こりでも

主人の肩こりでもビワエキスが役立ちました。
配管の作業で1日中穴を掘って帰宅した日のこと、「肩が重くて腕が上がらん。明日、仕事に行けんかな」と痛がっていました。

あいにくビワ温灸器は実家に置いていたため、応急処置としてビワエキスの温湿布をしてあげました。
キッチンペーパーにビワエキスをたっぷり含ませて肩に貼り、ラップをかけ、電子レンジで温めた蒸しタオルを被せ、冷めるとまた温めることを何度か繰り返しました。
肩がほのかにピンク色になるくらいまで続けたあと、手で少し揉みほぐしてあげたのですが、しばらくすると「もう痛くなくなった」というのです。
次の日は「ラク〜ッ」と一言。ケロッとして仕事に出かけていきました。
主人は右利きですが、このときは両肩が痛いと言っていたのでかなり凝っていたと思います。改めてビワエキスの鎮痛作用を実感しました。
主人はそれまで市販の湿布薬を使っていました。しかし、貼った直後は冷たくて気持ちが良いようですが、2日ほど経って「効いてるの?」と尋ねると、「効いてない気がする」と答えることが何度かありました。
ビワの良さを知ってからは自分から所望することもあり、「ビワといえば果実のイメージしかなかったけど、ビワっていいね」と感心しています。

◎Mother Hand
宮崎県児湯郡新富町富田南2−21−2
TEL:090−1162−1714

『ビワと健康』  2012年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 顔面打撲にビワの威力!