かぶれ、虫の毒にビワエキス

東京都中央区 小野英雄さん (53歳)

お盆休みに帰郷したところ、日ごろ世話が出来ない田舎家の周辺は、背丈まで伸びた雑草で取り囲まれていました。

さっそく草刈りを始めましたが、知らずに足長蜂の巣を刺激して、左手中指を刺されてしまいました。すぐに水道水で洗い流し消毒をしました。ズキズキと痛み、手の半分くらいが腫れてきました。

幸い左手だったので草刈りは続行出来ましたが、今度はうっかり櫨(はぜ)の木に触ってしまったのです。
夏なので葉っぱが青々としていて、気づきませんでした。
軍手をはめ、長袖の服を着ていたのですが、たまたま枝の切り口が袖口の間に入り、右手首の下あたりに樹液を擦りつける格好になったのでした。

そのまま作業を続け、異変に気づいたのはしばらく経ってからでした。
ブツブツと気味悪い赤い発疹が次々と出来、痒くて痒くてたまりません。掻けば悪化するのは明白で、薬局に行き相談しました。
事情を話すと薬剤師さんは自信に満ちた表情で「それならこれです」と数ある薬の中から即座に一つの薬を勧めてくれました。
その薬にはメントールの成分が含まれていて、塗るとスーッとした感じで痒さが紛れました。

しかし、それは一時のことで、すぐに痒みはぶり返し、赤い発疹も増え続けました。塗ると白いジェル状になるその薬は、ただ抑え込んでいるだけの気がして仕方ありませんでした。

翌日、子供を連れて家内も帰郷してきました。
赤い発疹を掻くに掻けずに焦れている私の姿を見て、「これ持ってきたから塗ってみたら」とビワエキスを手渡してくれました。
そうだ、ビワがあった・・・。家内の備えの良さに感心しつつ、早速ティッシュにエキスを沁み込ませて右手に張り付けました。
ほどよくひんやりとして、痒みが次第に収まっていきました。乾くとまた痒みは出ますが、かなり軽減してラクでした。
増殖し続けていた発疹もやがて足踏み状態となっていきました。

やむなく草刈りを続けたせいでどうしても服で擦れ、治りはやや遅れた感がありましたが、ほぼ順調に改善に向かいました。

また、首に巻いたタオルの隙間から毛虫が入ったらしく左鎖骨の上に赤い発疹が出来てこれも痒かったのですが、同様にビワエキスで早目に収まりました。
他にもスズメバチの巣や蝮に出くわして退治する一幕もあり、都会暮らしをするうちに自然界に潜む危険への認識が薄れていることに気づかされました。
用心したうえで、ビワエキスを虫刺されやかぶれに備えておくことの大切さを実感しました。


『ビワと健康』  2012年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > かぶれ、虫の毒にビワエキス
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入