肌トラブルにビワを活用

ビワクリームも最近登場

乾燥肌や敏感肌、日焼け、吹き出物、あせも、アトピー性皮膚炎、すり傷、切り傷、火傷、虫刺され、水虫、さらには犬の皮膚病に至るまで肌にまつわるトラブルがビワ療法で改善した例は多く、長年愛用されている方もおられます。

用いられる方法はビワ温灸、入浴剤、ビワエキス、ビワ化粧水、ビワの種と症状によって様々で、似通った症状でも個人差があり、必ずしも「この症状にはこれ」と限定はできないようです。

とはいえ大まかな共通性はあります。お手軽なうえに滲みるといった刺激がなく、それでいて各種症状に多用できるノンアルコール、ゲル素材のビワ化粧水は人気で、小さなスプレー容器に入れて外出時や旅行にも常時持ち歩く愛用者は少なくありません。

ビワ化粧水とともに最近登場したビワクリームも好評です。
こちらはビワの葉ではなくビワの種が含まれた商品で”ビワを塗る”新感覚が味わえます。
やわらかくて伸びが良く少量で広範囲をカバーできます。その滑らかな使い心地もさることながらアトピー性皮膚炎等の改善例も次々と報告され、ビワ種パワーを感じさせることが人気に拍車をかけているようです。

肌トラブルの原因は色々です。表に現れた症状に対処しつつ、場合によっては食事やライフスタイルなど根本的な改善を図る必要があるかもしれません。
ビワ療法を上手に使い分けて改善に役立てて頂きたいと思います。

『ビワと健康』  2012年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > 肌トラブルにビワを活用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入