しらかわ整骨院

岡山県岡山市北区西古松1−12−20 TEL:086−243−8003


バランス治療と鍼灸、ビワ療法。

夫婦して鍼灸師の資格を持つ二人の治療家からそれぞれが得意とする治療法を選択して受けることができる贅沢な治療院が「しらかわ整骨院」である。

白川徳賢先生と礼奈先生の治療に対する取り組みは熱心かつ謙虚で、患者さんの体の状態をトータル的に掴み敏感に対処する。
お二人に聞いた。


  • 治療家を志したきっかけは?
    もともと東洋思想や東洋医学に興味があって治療家の道を選択しました。
    学校では鍼灸治療を学びましたが、勤務した治療院でバランス治療と出会い、以来、それをメーンに治療を行なっています。
    治療家歴は16年、開業して10年になります。(白川徳賢先生)

    私は治療家の父の姿を見ながら育ったので自然の流れで同じ道を選びました。
    鍼灸を学ぶ中で改めてこの仕事の意義や価値、やりがいを感じ取りました。
    大阪や青森で勤務したのち、4年前からここで鍼灸をメーンにビワ温灸も担当しています。(礼奈先生)

  • 白川徳賢先生、バランス治療とはどんな治療法ですか?
    鍼灸は陰陽の調整を図る治療法ですが、同様の思想に基づいた治療法です。
    人の体は深部と浅部の両方にアプローチしないとバランスが取れません。しかし、陰は体の深部に該当しアプローチが難しく、例えばマッサージだと力ずくでやるほど力は浅部に留まります。
    バランス治療により右手と左手でしっかり感じながら、その中心に力が集まるようにすると自ずと深部が緩んでくるのです。
    施術の流れとしては、検査機を用いて体の10ヵ所のポイントから皮膚の静電容量の値を測定して左右差をトータル的に判断し、体の傾きや動きの癖などを分析し、傾向を掴んでバランスを整えていきます。

  • 礼奈先生、ビワ療法との関わりは?
    そもそも父がビワ療法の愛好者でビワ温灸を施術に導入していますし、青森の実家ではビワの種を炊き込んだ”ビワごはん”を家族で食べていました。私は花粉症があるので、こちらでも春先はビワごはんやビワの種を食べています。
    ビワ温灸は鍼を怖がる子供さんや小児喘息、大人の風邪、井の不調、冷え性、体全体が弱っている方、ガンなどの慢性的な病気等々、鍼灸とともに主に内臓に起因する疾患で用いています。利尿作用や血液浄化作用を期待してビワ茶を愛飲される方も増えてきました。

  • 印象的な改善例は?
    ガンが二度再発した方がバランス治療とビワ温灸を始めてから進行が止まっている例があります。

  • 患者さんへのアドバイスは?
    主人は体操の仕方などトータル的にアドバイスします。
    私は治療中に食事や睡眠、入浴方法などお話させて頂いています。

  • 信条を一言。
    多くの患者さんは、ここに来れば何とかしてもらえると期待されています。
    バランス治療は患者さんに合わせることが重要で、施術者の懐の深さが問われます。先入観を持たずニュートラルな状態で診ることをいつも心がけています。(白川徳賢先生)

    まず女性が安心して治療が受けられるよう配慮しています。
    また、色々な治療をして良い結果が得られなかった方でも、当院では他と違った捉え方をしています。
    主人と私の治療の良いところを合わせて結果が出せるよう意識して取り組んでいます。(礼奈先生)


『ビワと健康』  2012年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > しらかわ整骨院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入