肌のトラブルを克服!

東京都八王子市 大屋久美子 さん (38歳)


ビワの葉療法と出会って1年半。主に入浴剤、ローション、温灸器等を愛用していますが、その効果はとても顕著です。

私の悩みは皮膚が弱いことで、体調を崩すと途端に洗剤負けを起こし、手に赤いプツプツが出て痒くなります。特に冬場は手袋と袖口のわずかな露出部分ですらカサカサになるありさまで、副腎皮質ホルモンの薬に頼らざるを得ませんでした。

ところがビワの入浴剤を使い始めてからはプツプツが消え、肌がツルツルになって塗り薬が必要なくなりました。
これだけでも十分ビワに出会った価値はありますが、私の何倍も価値を感じているのが私の夫です。
現在36歳の夫は、24歳の頃からアトピー性皮膚炎で苦しんできました。

結婚以前のことはよく分かりませんが、腕、足、背中、それこそ全身を掻きむしっていたようで色素沈着した背中を初めて見たときは、正直驚きました。
頭皮や顔も粉をふいたようでしたし、とりわけ肘から先の腕の部分は、ワイシャツに血が付着してしまうので、毎日漂白剤を使って洗濯していました。

病気の原因は環境の変化とストレスだというのですが、10年以上も病院に通って、ありとあらゆる療法を試しても治らず、大量の飲み薬と塗り薬を続けてきたわけです。
中でも酸性水は生命の水さながらに常時携帯し、日に何度も皮膚の水分補給を行なっていました。

それほど薬漬けになっていた夫でしたが、ビワのローションと入浴剤を使うようになって、3ヵ月で飲み薬の量が半分に減り、半年で酸性水を持ち歩かなくなり、1年後にはまったく飲み薬を必要としなくなりました。
今でも1ヶ月に1回注射を受けてはいますが、ほとんど痒がることがなくなり、以前に比べて本当に肌がきれいになりました。

肩こりにはビワ温灸

また、私は小さい頃から肩こりがひどく、10数年前に鞭打ち症を患ったことも影響して、ときおり辛くなります。
カイロや鍼灸に通ったこともありますが、首と腰の骨がずれていると言われました。

梅雨時などに症状が出やすく、そんな時はビワの葉温灸をします。
温灸器を当てると悪い箇所は冷えているのが分かります。だいたい2日続けると痛みがとれ、腰を温めるとよく眠れます。

夫婦ともども、ビワの葉療法の素晴らしさに心酔しています。

『ビワと健康』  97年1月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肌のトラブルを克服!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入