ZAIN2010

【活躍する人たち】 飯田裕子 さん


いつも明るく元気印の飯田裕子さんが、ビワ療法と出会ったきっかけはご両親がガンを患ったことに起因するという。

自身は健康だったけれど昔から健康に対する意識が高く、それでいて病院は好きではない。
ガンに良くて、経済的で継続できるもの。
家族を思い、この三つの条件を満たす健康法を探し求める中で、読書が趣味の彼女がたどり着いたのは東城百合子先生の自然療法の本だった。

その本でビワ療法を知った。三つの条件にピッタリ合致していた。
母をガンで亡くし、父は再婚したけれど、今の母も子宮頸ガンを発症してしまった。

そこで、ビワの種(粉末タイプ)を試したところ腫瘍マーカーの数値は正常値近くまで一気に下がり、担当医を驚かせた。ビワ茶やビワ酢も愛飲し、やがて冷えていた基礎体温は上昇に転じた。
母の姿を見て父もビワの種を試した。前立腺のシコリが僅か1ヶ月で消えてしまった。
自身もまたウォーキング練習のしすぎで歩けないほどに痛めた右膝が、僅か30分のビワ温灸で改善し、普通に歩けるという体験をした。

深圧リンパマッサージを行なう友人(稲澤あきこさん)も手首の強い疲れがビワ温灸で解消。
次々と身内や周りの人たちを通じてビワ療法の威力を実感した。
ビワ療法は自然なものだから安心である。

手軽で体にやさしく癒し効果抜群のビワ温灸。美味しいビワ茶、ビワ酢。そしてビワの種・・・。
その素晴らしさを多くの人に知ってほしいと願う気持ちは強い。
地域のお祭り等でも体験の場を設けて反響を呼んだ。安城市の七夕祭りでは、一般客へのビワ温灸を通じて夏でも多くの人は体の芯が冷えていることを感じ取った。

もともと美容部員だった彼女が気づいたこと。
『精神的にも肉体的にも健康でなければ真の美容に繋がらない』
発想がユニークで周りからはちょっぴり変わり者(?)と評される飯田裕子さん。深圧リンパマッサージを行なう気さくな友人・稲澤あきこさんとZAIN2010で笑顔で迎えてくれる。

◎ZAIN2010
愛知県岡崎市大西町南ヶ原37−3
TEL:070−5039−2937【予約制】

『ビワと健康』  2012年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 活躍する人たち > ZAIN2010