統合医学と自助努力

恒川クリニック院長 恒川洋 先生 インタビュー

現代養生法を提唱、推進される東海ホリスティック医学振興会会長・恒川洋医学博士(恒川クリニック院長)にお話を伺いました。ガン治療の実情や課題、死生観など医療の本質に肉迫した内容です。

恒川洋先生のプロフィール

1948年名古屋市生まれ。1973年昭和大学医学部卒業。
国立名古屋病院消化器科、名古屋大学医学部第一内科、名鉄病院消化器科部長などを経て1990年恒川消化器クリニック副院長。
1991年東海ホリスティック医学振興会を設立し会長就任。ホリスティックな医療や健康、養生などに関するセミナーや講習会・教室の開催および情報の発信を中心に患者、家族、医療者、療法家等が自由に交流できるネットワーク型の「場」づくりを推進している。
2005年恒川クリニック院長。
藤田保健衛生大学医学部客員教授。医学博士。
主な著書に『現代養生法ガイド』(新日本法規出版刊)『ガン治療に?を感じた時に読む本』(ライフ企画刊)などがある。

恒川消化器クリニック: 名古屋市中村区太閤1−22−13
Tel:052−452−1270
●「恒川消化器クリニック」のホームページはこちらです。

人智を超えた大災害の教訓

  • 昨年の東日本大震災により被災地の方々は実質的にも精神的にも極めて大きなダメージを受け、今なお困難な生活を強いられていますが、この大震災の影響は被災地以外にも様々な面で波及しています。
    例えば、ウツの症状で薬を服用していた方がショックから症状が悪化し、入院した例もあります。
    今回の大震災を医学的な見地からどう受け止めておられますか。


    昨年3月11日に起きた大震災は、日本人だけでなく近代的な生活をしてきた地球人すべてに対して自然が大きな投げかけをしてきたように感じています。
    西洋医学もそうですが、人間は今まで人智、人事の世界で自然をコントロールして文化、歴史を築いてきました。本当は人智を超えたものが存在していることをイメージとして持ってはいるのですが、殆ど忘れて歩んできたのです。
    11年前の9・11(米国同時多発テロ)も大惨事でした。人智を象徴するタワービルが脆くも崩れ去る映像に衝撃を受けましたが、あれは人間が起こした人災でした。
    阪神・淡路大震災でも多大な被害がもたらされましたが、それでも今回ほど想像を絶する規模ではなかったように思います。
    明治以降の日本で、今回ほど大規模な被害をもたらした災害はなかったと思いますが、さらに原発の問題が深刻の度を深めています。
    地震は収束したけれど、原発の問題はずっと続いています。放射能の汚染・拡大は現在進行形です。天災から始まった人災でが、この人災もまた人智を超えてしまってコントロールが難しい状況に陥っています。
    放射能は風に乗って運ばれたり海に流れたりしても目に見えないだけに認知が難しく、それゆえに被害の実態も正確には把握し切れません。
    当院で、こんなことがありました。
    放射線治療後の副作用防止目的でビタミンC大量療法を受けておられるガンの患者さんが、「原発の放射線が怖い」と不安顔で話されるのです。
    それで私は、「あなたは1ヶ月前にあれの何十倍、何百倍もの放射線をご自分の体に当てておられるんですよ。マイクロシーベルトなんてレベルじゃない、比較にならない量なんですよ」と話しました。
    すると「でも、あれは治療の放射線でしょ」との返事でした。まるで別物と捉えていて深刻さが微塵も感じられなかったのです。
    放射線治療は苦しいわけではなく、ちょっと熱いかなというくらいで初めのうちは殆ど何も感じません。
    一方、抗ガン剤治療は副作用が強く毎回、毎回体への影響を認識します。
    放射線治療だって回を重ねていくうちに皮膚の色が変わったり血便が出たり、やがて白血球が減ってきたりしますが、たとえ白血球が減っても実感はないわけで、そういう怖さを改めて実感しました。
    医療は非常に危険なこともある程度想定内で行なっていますが、実際には想定外の部分もあることを気づかされました。
    原発はコントロールできると言われてきたけれど、人智のレベルを超えてしまうと手の施しようがない。チェルノブイリの事故に学んで本来なら直ぐにでも汚染地域から子供や幼児、乳児を避難させ、甲状腺を守るためにヨウ素を与えるなどの対策を実行しなければならなかったのに何もしなかった。これは人災です。

天命を認識した人生観

    この大震災によって現代日本人の思考が全体ではなく極めて部分的であることが露呈しました。
    天災は仕方のないものだから被害を最小限に留めることしかできませんが、人災は過去の失敗を反省して対応できるはずです。しかし、今回のような事態に陥ると人間は人災ですらコントロール出来ない非常に無力な存在であることを、理性的な部分だけでなく感性の部分でも、日本人は皆分かったということが凄く大きなことだと思います。
    それは神、仏という話ではないけれど、大いなるものの中における自分たちが小さな存在であるということです。
    かつて日本人は天命があることを認識していました。『人事を尽くして天命を待つ』という意識があり、たとえ人事を尽くしても天命には逆らえないという考えを持っていたのです。
    しかし、特に戦後の日本人は皮肉にも原爆を落としたアメリカの庇護のもと、非常に生温い人間対人間の関係性ばかりを重視した人間中心主義的な生き方になってしまいました。
    人間中心主義の一例が、人間の作り出したバーチャルな世界です。TVゲームやインターネットの世界を全てだと思っている子供が増え、仮想の世界をコントローラーで操っているだけで、本当の生々しい世界を見ていないし、触れてもいません。
    人間が脳で認識したものだけが世界だと考えている限り、自然は色んな形を通して実像を教えてくれるような気がします。
    医療に話を戻すと、病気というものは人間が作ったものではありません。自然の一部である人間が病気という状態に置かれ、それを西洋医学は自然の脅威や自然自体をある程度コントロールして、人間の想定内で扱えるようにしました。
    近代西洋医学は確かに素晴らしく、例えば感染症の原因の多くが細菌によるものだと証明し劇的な治療実績をあげました。しかし、それが行き過ぎて自然治癒力という言葉が消えてしまったのです。
    現代人は、病気は医者やクスリが治すものと思っています。本当は自分自身に備わった治癒力で治っているのであって、それらは治りやすくしているだけなのです。
    これまで西洋医学がオーソドックスな医学となってきましたが、想定内の状況には対応できても、原因の分からない病気には打つ手がないのです。
    例えば西洋医学には”冷え”という概念がありません。冷えには表寒と裏寒といって表面的な冷えと内臓の冷えとがあります。
    便秘と下痢は西洋医学では反対の症状として捉えますが、実は冷えによって便秘になるときも下痢になるときもあるのです。
    東洋医学などは西洋医学の発達以前から対症療法として始まっています。冷えを万病の元と捉え、病む原因であり、結果でもあることに気づいている。
    温めれば代謝が良くなり、活性化されて自然治癒力が働きやすくなります。この治癒力が働きやすくなる状況を作っていくことが本当の医療だということです。
    人智は尽くしていくけれど、最終的には自然治癒力が働かないと治りません。だから治癒力がなくなったターミナルの人はどんなに治療しても治りません。
    人の体は自分が作ったものではなく親や先祖から連綿と受け継いだもので、自分のものであって自分のものではありません。
    それを養生とか鍛錬という形でなるべく病みにくくしたり、病気になればなるべく治りやすくすることが治療の目的なのです。

ビワ療法も病態に合わせて工夫する

    ただし、自然の力は人間の都合の良いようにばかり働くわけではありません。治癒力は「自然良能」と書くのでポジティブに働く良いものと考えがちですが、ネガティブにも働きます。
    発熱だって治そうとして起きている現象ではあるけれど、実際は苦しいわけです。長く続けば本体が衰弱してしまうわけで上手に熱を下げる必要があります。
    膠原病や自己免疫疾患、アレルギー症状なども治癒力が過敏に反応している状態なので炎症を抑えることも必要になってきます。
    自然治癒力を活性化させたり、ときには抑えたりすることが治療や養生の根底にあるものだと私は考えています。
    自然なものを用いるビワ温灸も高熱の時に温めれば余計に苦しくなることだってあります。
    ビワ温灸を専門とする方は、それを察知しながら状態をみて長時間当てないとか温めるポイントを考えるなど適切に対応できてこそプロと言えるのだと思います。
    目の前の患者さんの病態をよく診ながらやり方を選択するべきです。
    また、東洋医学や自然療法というものは自然治癒力を根底においているので足りないときは活性化させ、多すぎれば抑制する働きがあります。
    西洋医学のクスリは一方向で、一つの作用しかありません。例えばラシックスという利尿剤はむくみに対して強い効果を発揮します。しかし、脱水状態の人に飲ませれば、さらに脱水を引き起こします。患者さんの病態を認識せず、徹底的に作用するのです。
    一方、五苓散という漢方薬には利尿作用がありますが、脱水状態の人に飲ませた場合は働きません。漢方薬は人間が作った物質ではないのでそこに凄さがあります。
    逆に人智を超えているので掴み切れない、何が起こるか分からないという怖さも、実はあります。
    ビワの葉も色々な効能が分かっていますが、病態によってはビワ茶だって強すぎることもあるのです。その場合は薄めてみるとか工夫をしなければなりません。
    ビワ温灸も病態に合わせて当てる回数や時間を変えていくことです。
    人間の体も自然のものであると認識すれば、病気に対するアプローチの仕方は変わってくるわけで、常に謙虚でないといけません。
    西洋医学の医者にありがちな、ガンの治療に行き詰ったら「もう何もやれることはありません」と見放したり、「余命半年です」と告げて終わりにするような傲慢な態度は容認できません。
    西洋医学的なモノサシではそうであっても別のモノサシを当てればやれることはいくらでもある。
    私は統合医学の立場ですから西洋医学も行ないますが、ときには西洋医学的には理解不能な治療も行なっています。

余命宣告は当てにならない

休眠療法でガンと共存

  • ガンの患者さんが来られると思いますが、一般的にはガンイコール死という概念が定着しています。ガン保険を例にとっても明らかに死ぬことを前提にメニューが組まれています。
    最近、生きるためのガン保険とかいって先進医療にも対応した商品が出てきましたが、それとて西洋医学での治療が対象です。
    三大療法だけでは生きるものも生きられないわけで、ガンに対する認識の変革が望まれます。ただ、ガンに限らず人はいずれ死ぬことは否めません。ガンイコール死とは言えないけれど、死を見据えた医療は必要です。
    先ほど話に出た治癒力がなくなった人となればなおさらです。
    医療者としての死生観をお聞かせ下さい。


    当院に来られる患者さんの8割がガンの方です。初めは西洋医学でうまくいっていたけれど再発、転移したり、抗ガン剤や放射線治療を施してもうまくいかなくなった、つまり問題が発生した方が大半です。
    また、患者の会などに入って西洋医学を拒み、症状が悪化してから駆け込む人もいます。手術可能な乳ガンを放置して大出血したり、転移してしまった方もいます。そんな場合でも患者の会は医療機関ではないので「あなたの自己責任」と言われて、行き場を失ってしまうケースもあります。
    死生観となると、殆どの人が人間の力を信じています。西洋医学は人間の人智で作り上げた最高峰の医療ですから大抵の患者さんが頼ります。頼った末に行き詰っているのですが、それでも医者の言葉を信じている人は多いのです。
    乳ガンを手術して肺と肝臓に転移した方は主治医に「余命は1年もたない」と言われたそうです。
    「今は元気だし、食事もできてるし、諦めることはないんじゃないですか」とお話しても「でも、半年と言われています」と余命宣告に拘っておられます。
    二十数年ホリスティック医療をしていると、また医者が勝手なことを言ってるなと思いますが、ご本人は重い言葉として受け止めていて、余命は変わらないけれど何もしないで死んでいくのは嫌だから・・・と通院されている方もおられます。その方は、そういう死生観を持たれているのです。
    希に無頓着な人もいます。医者から余命1年と言われていても「本当かなあ」と思っていて、2年、3年と経過すると「やっぱりあの医者いい加減なこと言ってる」と信じないのです。
    あるいは無理に自分の死生観をポジティブにして明るく振る舞っている人もいます。しかし、いくら明るく振る舞っていても内心とても悲観的で、余命なんてあてにならないという私の言葉に「救われました」と言うけれど、本心では勇気づけてくれているだけじゃないかな・・・と考えている。
    そういうとき私はデータを見せてお話します。
    スキルス胃ガンで腹水が溜まって手術ができず、余命6ヶ月と宣告されていた方が、ビワ温灸などの養生と飲む抗ガン剤で腫瘍マーカーがドーンと下がって免疫が上がるとガンがおとなしくなった。それで気を抜いて養生を怠るとマーカーがまた元に戻ってしまった。聞くと抗ガン剤を飲んでいない。注意してまた抗ガン剤を続け、養生をしているうちに10年が経ちました。時々入院もするけれど殆ど家で過ごされています。医学的には転移もあるし治ったとは言えないけれどスキルス胃ガンと共存しながら10年になるのです。
    ある乳ガンの人は術後、子宮に転移し、さらに全身の骨に転移してステージ犬任靴拭9灰ン剤治療をした後で免疫が凄く下がってしまいましたが、抗ガン剤を使いつつ養生しながら免疫を上げていくと7ヶ月で骨の痛みが取れました。和太鼓の先生だったので全国を回って太鼓を叩きまくっておられましたが、9年目に不慮の事故で亡くなられました。休眠療法といってガンが完全に消えるわけではないけれど、おとなしくさせて共存するのです。
    29年前に乳ガンの手術をして、9年後に両肺に転移したステージ犬諒は、抗ガン剤やビワ温灸、ビタミンC大量療法など色々行い普通に仕事を続けつつ20年生きられました。
    膵臓ガンは、5年生存率という概念ではなく3年生存率とされています。
    膵臓ガンのステージ犬悩治手術ができず抗ガン剤と養生で7年目に入った方がおられます。バイパスを作る手術をした医師に「まだ生きてたんだ」と非常に失礼なことを言われたそうですが、その方もガンと共存されています。
    死生観に話を戻すと、生きている間、我々には死の実感がないわけで、頭の中で考えるしかありません。
    その死は、ある意味自分で作った世界なので想定外の実例を知ることによって変わってくるのです。
    余命1、2年と言われていても目の前に同じ状態のガンで20年生きている人がいれば自分もこうなれるかもしれないと死に対する見方も変わってきます。当院にはそういう例外的な患者さんが多いですから。
    死に対する感覚は千差万別、他人が云々する問題ではありませんが、ただ事実としてそう簡単に人間は死ぬわけではないということは伝えねばなりません。
    私は診療ではフィジカルなことが中心ですが、メンタルサポートに近いこともやっています。
    しかし私自身、常にポジティブというわけでもありません。10年後に生きているかどうかなんて分かりません。
    今日という1日を朝起きて夜休むまでしっかりと養生を行なって、1日を生き切る。しっかり呼吸を整え、しっかり食べて、しっかり話し、しっかり仕事をする。一つ一つのことに集中してきちんきちんとこなし、毎日養生を重ねていくうちに気がつけば「余命半年」の方が1年、2年と経っていくのです。
    それが生きているということで、先のことは誰にも分かりません。
    少なくとも今日と明日ぐらいはまだ生きているだろうから今日と明日をちゃんと生き切る。
    1週間先のことは分からないわけです。
    しかし、多くの人はガンで余命宣告されるまでは1週間後も1ヵ月後もずっと生きていると思っているようです。
    私が40歳の頃、ある友人が自分の人生の計画表を書いていました。50歳、60歳、70歳、80歳と続き、90歳くらいで終わっていました。この男はこんなに生きるつもりなんだ、凄いなあと感心しました。何しろ当時の私は還暦くらいまでは生きられるかなあと考えていましたから。
    病気がちでない人は、平均寿命くらいまでは生きられると考えているのでしょうね。

今日一日を一所懸命生き切る

  • 日本人の平均寿命を基準に身内の寿命やその亡くなり方、自分の体調などを照合してプラスマイナス何歳くらいまでは生きられるだろう、といった感覚で算出しているのではないでしょうか。
    恒川先生ご自身の寿命の捉え方、死生観とはどんなものですか。


    私は平均寿命なんて全然あてにならないと思っています。
    病院にいた40歳の頃は、自分の年齢に近いガンの患者さんが次々と亡くなっていく姿を目の当たりにしていたので、自分だけが10年後も20年後も生きて行けるなんてとても想像できませんでした。
    ガンは細胞単位では、毎日生まれて免疫細胞と凌ぎ合いをしているわけだから、免疫が下がってガンが優勢になれば発病することは十分にあり得ます。
    ガンに限らず脳や心臓にだっていつ何が起こるか分からない。脳の血管はとても細く、血液があの狭い血管を詰まらずに流れる様子は奇跡に近い光景です。
    心臓の冠状動脈も細くて脱水状態の人のドロドロの血液が狭い血管をヒョロヒョロと流れていく様を見るとヒヤヒヤする思いです。
    5年ほど前、突然右目の網膜静脈が詰まって眼底に大出血しました。今も多少の後遺症が残っていますが、これが脳や心臓ならその日のうちに亡くなることだってあり得た話です。
    1週間先くらいまでは想定できても来年、再来年となると分からないでしょう。死ぬとまで思いませんが、現在と同じ状態でいられるとは断言できません。
    だから限られた時間を一所懸命生きるのです。
    毎日がつまらないとぼやいている人は自分がずっと生きていると思っていて、人生を無駄に過ごすことになります。

治り易いガンと治り難いガンがある

  • ガンの患者さんの中には患者の会などで活動し、手術を拒んで症状が悪化して駆け込む方もおられるとのことですが、巷間、西洋医学一辺倒のガン治療の弊害が取り沙汰されているのも事実です。
    船瀬俊介氏の著書『抗ガン剤で殺される』は、抗ガン剤の毒性を指摘し反響を呼びました。患者の会の活動を通じてガンの患者さんが養生を積み重ねてガンを克服した例も沢山聞いています。ただ、治ったといわれる人の中には過去に手術を受けている人も多く、早い段階で手術を受けたことで救われた生命も少なくないと思われますが、どう考えられますか。


    養生に関する基本的な考え方は、患者の会の方々と一緒です。ガンは治る。これは正しいですよ。治癒力が正しく働けばですね。
    近代西洋医学という非常に高い壁に立ち向かい、ガンイコール死という呪縛から解き放とうとする志や行動は立派だと思いますし、ガンは治らない病気だと思っていた人が治ると言われれば救われます。
    だけど現実には治らない人もいます。ガンという病気はそんなに甘くはありません。
    方法論でいうとやはり西洋医学が必要です。現代医学を外して玄米菜食とか自然療法だけやったり、サプリメントを飲んでいれば治るというほど簡単ではありません。
    西洋医学の治療を受けたうえで養生をしているからうまくいくわけで、患者の会で活動している進行ガンの方で西洋医学の治療を全くやらずに治癒した人は極めて少ないと思います。
    それとガンには治りやすいガンと治りにくいガンがあります。例えば腎臓ガンは手術をすればかなりの確立で治ります。それに比べて膵臓ガンはデリケートでとても同等には扱えません。一所懸命頑張っても残念ながら亡くなる人はいます。
    ガンの治療を行なっていくと自ずと死をどう捉えるかという問題も出てきます。

ダークサイドも包括した医療

    私は最近、サニーサイドとダークサイドについてよく話します。
    私たちは表層意識に出てきたサニーサイドの心の世界が自分であると認識して生きていますが、実はダークサイドの潜在意識の世界も合わせ持っています。
    ダークサイドの心はより本質的で本当の自分に近いものです。夢に出てきたり、変なことを考えたり。しかし、それが表に出ると社会生活が営めないためサニーサイドの自分を自分として生活しています。
    サニーサイドだけでうまくいっているときは人間関係も良いわけです。だけどお互いにダークサイドの自分も持っているわけで、否定しても意味はありません。
    月に譬えると光が当たって見えている表側と見えなくて暗い裏側です。人間の生死でいえば表が「生」で裏が「死」です。
    月に反対側から光が当たれば表と裏が入れ替わるように、いくら生の部分だけ論じていても背後には死があります。誰しも死の側は本能的に嫌なので見たくありませんが、病気などに直面したとき見ざるを得ないし、向き合わざるを得なくなるのです。
    より良く生きるために一所懸命に養生するのは素晴らしいことです。しかし、必ず向こう側には死というダークサイドがあるわけで、それも包括して取り組まないと結局”敗北”ということになってしまいます。
    玄米菜食を一所懸命続けたりして誰よりも養生していた人が亡くなることだってあります。これは天命です。
    もし光の当たった運良く治った人たちだけを相手にしていたら、いずれは陰の人が増えてきて最後は全部ダークサイドになってしまいます。
    とっかかりはサニーサイドでも良いのです。ガンの患者さんたちはあまりにダークサイドに放り込まれちゃっていますから。
    暗闇に光を当てるのは大事なことですが、光ばかりではないということです。真っ暗闇があるから光が見えるのであって光だけ存在していても、それは光とは認識できません。
    例え亡くなったとしても充実した養生を一所懸命やっていく、そのプロセスが大事です。人間の死亡率は100%ですから。結果だけを見れば全員何らかの形で敗北者になるわけです。
    人間は自分を評価するために他者と比較したがります。患者の会でも、誰か亡くなると「あの人は養生をちゃんとやっていなかったからだ」と言う人が必ずいます。
    ある勉強会で、頑張ったご主人は亡くなったけれど奥さんは感謝してその後も参加していましたが「ご主人は養生が足りなかった」と言われてガッカリされていました。
    一緒に学び養生をしていた仲間でも、助かった人は”勝者”で亡くなった人は”敗者”になってしまう。
    ガンの専門家として言うと、治りやすいガンやステージの人と5年生存すら厳しい膵臓ガンなどを同じ土俵で評価したら、初めからハンディキャップを背負って勝負しているようなものでナンセンスです。
    人よりも自分が成功した。しかも末期だったのにこうして治った、と言いたい気持ちはわかります。
    人に話すことでさたに一所懸命やるから一人で黙ってやっているよりは良いけれど、それだって今が良いだけのことです。この先ずっと良いとは限らないし、悪くなったときは自分で自分を否定するのかという話になってしまう。
    亡くなっても仕方がないではないですか、天命ですから。
    治った、治らなかったで、優劣を決めるとすれば、病気は悪、市は敗北と位置づけて敵視する西洋医学のモノサシと全く同じことを、違う立場で言っているに過ぎないということです。
    患者の会の代表者が病気になったら隠さないといけなくなるでしょう。
    現に玄米菜食を推進する指導者や自然療法を行う先生方がガンになり、それを隠している話をよく耳にします。とても誠実とは言い難いと思います。
    人間は永遠には生きられません。病気も死も包括して医療に取り組まなければ、結局”敗北”という結果になってしまいます。
    人智ばかりになってはいけません。天命というモノサシが必要です。
    私は人生を織物に譬えます。横糸が人智、養生です。一所懸命紡いでいくわけですが、いくら努力しても縦糸、つまり天命が短い人は長くは生きられません。
    だからといってその織物が不完全かというと違います。ちゃんとした一人一人異なった、その人なりの色合いの織物であって、かけがえのない人生を織り成しているのです。

ステージ犬任癸僑押鵑寮限故

  • 英語の論文を発表されるとのことですが、どのような内容ですか。

    先ほどいくつか症例を紹介しましたが、当院で診てきたガンの患者さんのデータを中心としたものです。
    普通、ガンセンターなどのガン専門病院でのステージ犬隆擬圓気鵑稜生存率は20%を切っています。大体17%くらいですが、当院でデータを取った20名の患者さんの5年生存率は62%となっています。
    ステージ検△弔泙蠢歓箸謀尚椶靴討い討癸鞠、10年と生きておられます。長い人は230ヶ月、役20年という方もおられます。
    西洋医学だけの治療だと驚異的なデータでしょうが、62%という数字は、西洋医学に東洋医学など補完代替医学、さらに養生やサプリメント等を加えた統合医学としては、奇跡でも何でもありません。
    当院の取り組みは統合医学ですから、何が良いとか悪いとか限定する治療ではありません。
    西洋医学は絶対必要ですし、東洋医学や各種療法、食事療法など様々なものを行っています。
    基本となるのは呼吸法、食・体・心の養生で、具体的には食事指導、ビワ温灸、漢方薬、ビタミンC大量療法、丸山ワクチン、免疫細胞療法など行なっています。
    ここで重要なことは、薬や注射など「他力」に頼るだけでなく「自力」をアップさせる養生という自助努力がとても大切だということです。

  • ありがとうございました。


『ビワと健康』  2012年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 識者に聞く > 統合医学と自助努力