花粉症がビワの種で改善

東京都品川区 齋藤洋子 さん

東日本大震災があった3月11日、東京は地震で電車がストップし大勢の人が帰宅困難となりました。
街中が大パニックの最中、主人は会社の女性二人を連れて新橋から品川の自宅まで5〜6時間かけて歩いて帰ってきました。

夕飯を済ませ一息ついたときです。気づくと女性の一人(40代前半)が目を真っ赤にしておられたのです。事情を伺うと花粉症とのことで、痒みも相当強いらしく鼻も少しズルズルして辛そうでした。

都内の幹線道路は溢れた車で大渋滞し両脇の歩道を無数の人々が列をなして歩く光景は衝撃的でした。主人たちも国道一号線を人波に揉まれながらひたすら歩き続けたわけで、花粉症の彼女にとっては非常に過酷な状況だったようです。
気の毒だったので主人が愛飲しているビワの種(錠剤タイプ)を10粒ほど分けて差し上げました。
すると、驚いたことに5分も経たないうちに目の赤みは取れ、痒みも完全に消えてしまったのです。
ビワの種はこれほどまで威力があるのか・・・。本当にビックリしました。
私は花粉症ではないので辛さは実感できませんが、うちでは主人(61)と三人の息子のうち下の二人(31、28)が花粉症です。

主人が花粉症を発症したのは3、4年前です。
目の痒み、鼻水ともにひどく随分辛い思いをしていましたが、幸いなことにビワの種(錠剤タイプ)と出会ってからは、苦もなく花粉症シーズンを乗り切れるようになりました。

シーズン中は毎朝、10錠飲んでおけば一日中平気で過ごせます。花粉の飛散量が多い日など『今日は危ないかな』と感じるときも、職場に持参して適宜処置すれば良いわけです。
春先、スギ花粉の飛散が本格化する前から飲み始めるとより効果的だということも分かってきました。
息子も次男は手元に欲しいと持って行っていますし、三男は主人と同様に愛飲している状況で、我が家ではビワの種は手放せずいつもお徳用(1,000錠入り)を常備しているのです。

私は経絡と呼吸法を基本とする体操教室を30年近く行なっています。その繋がりからビワ温灸を行っている方と出会いました。15年前のことです。
その後、鍼灸師の先生から遠赤外線のビワ温灸器をご紹介して頂き、かれこれ十数年愛用しています。
このビワ温灸で母親に親孝行出来ましたし、糖尿病の方とか体操教室の方にも当てて喜ばれています。

話を戻すと劇的に花粉症の症状が改善した彼女はとても感激され、ビワの種を続けて飲みたいと言われました。
うちにあった一本をお分けしましたが、そのときから毎日活用され、無事に花粉症シーズンを乗りきられたとのお話でした。

『ビワと健康』  2011年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症がビワの種で改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入