長年の皮膚湿疹が改善!

千葉県我孫子市 野田洋子 さん(仮名)

5年前から原因不明の皮膚湿疹で苦しんできました。

当初、皮膚科の医師による見立ては「乾燥性の湿疹でしょう」というものでした。ところが、夏になっても改善は見られなかったのです。

当時、身内に不幸があり精神的なダメージを受けていたこともあって、そうした事情を伝えると「ストレスが原因でしょうかね」と言われました。
しかし、その後いつまで経っても完治しないのです。結局のところ明確な原因は分からないまま今日に至っている状況です。

皮膚科での治療は初めの3ヶ月間は強いステロイド剤(服用薬)を用い、徐々に薬の量を減らして(1日2錠)いき、治療開始時と比べると症状は半分以下になっていました。

ただ、それ以上の進展がないのです。このままステロイド剤に頼る治療を続けていても完治は望めないのではないか・・・。
そんな疑問や不安を抱いていたとき、たまたま友人がビワ療法に凝り始めたという話を耳にしました。
ビワの葉を煎じて化粧水を作ったり、ビワ茶を飲んだりしていた彼女は「とても良いわよ」と私にも勧めてくれたのです。

とはいえ、ビワの葉は簡単に手に入らなかったためインターネットでビワ商品を調べてみました。
そのホームページでまず目を引いたのがビワの種でした。友人が見せてくれたビワ療法の本にもビワの種の有用性が書いてあり、何かピーンときて『とにかく飲んでみよう』と』思ったのでした。
届いた商品の中には月刊「ビワと健康」が同封されていました。
偶然ですが、その記事の一つに家族同様に可愛がっているワンちゃんにビワの種の粉末を飲ませたら皮膚病が良くなったという改善例が載っていました。

『とりあえず試してみようと思って注文したけれど、ワンちゃんが治ったのなら私にも効くんじゃないかしら。いよいよ私も治るんじゃないか』
何だかとても期待がもてたのです。
この話を友達にするとうけて皆喜ぶのですが、私は本気でそう思いました。
昨年10月、ビワの種(粉末)を飲み、友達が作ってくれたビワ化粧水を肌に塗り始めました。
同時に長年飲み続けてきたステロイド剤は止めました。
ビワ療法に賭けてみる心境だったのです。

ところが、たちまちとんでもないくらい症状が悪化し始めたのです。
それはもう、むごいの一言でした。
完治しないまでもそれまで続けていた状態を10段階評価で2とすれば、8以上の症状で、湿疹が一気に噴き出てきたのです。
それは医師も息を呑むほどで、家族は「難病レベルだ」と言ったきり言葉を失うほどでした。

事実、我が身ながら化け物を見る思いでした。ただ、不思議なことに全身に湿疹が出ているにも拘らず首から上は全く症状が現れず、長袖の服を着ると他人には手の甲しか見えなかったのには救われました。
前述の月刊「ビワと健康」の別記事に、お母様の腫瘍が好転反応により一旦悪化し、その後改善したという症例がありました。
友人も「アトピー性皮膚炎などでそうした反応が出る場合が多いから頑張ってもう少し続けてごらんよ」とアドバイスしてくれ、私も『変な化学薬品を飲むのと違って自然のビワの種がどうこうすることはないんだから・・・』と自分自身に言い聞かせました。

とはいっても症状は悲惨でした。プチッとできた湿疹が痒いので夜中に掻いてしまいます。
すると湿疹の上部が掻き取られてへこみ、イヤ〜な感じのプチプチが体中いっぱいになるのです。
足などは夜中に何度も掻きむしるものだから皮膚が崩れた感じでした。
温まると痒みは増しますが、私は他に頸椎症があるのでできるだけ体を冷やすことは避けざるを得ず、それも辛いところでした。
皮膚科の医師に状況を伝えると即座に「民間療法のビワは一旦止めて下さい」と言われました。
強いステロイド剤を急に止めたわけではないからステロイド剤が切れたことによるリバウンドとは考えにくいとの見解で、また弱いステロイド剤を処方して下さいました。

しかし、私にはステロイド切れによるリバウンド現象だと直感的に感じられたのです。以来、ステロイド剤は一切絶ってビワ療法を続けました。
10kgくらいのワンちゃんが添付の小さじ一杯なんだから私はその6倍かな・・・、そう目安をつけて毎日、朝夕ひたすら飲みました。
私の直感は当たっていたようでした。ビワ療法の開始から3ヶ月、今年の2月初めには痒みも湿疹も殆ど収まりました。
症状の10段階を経過で辿れば、最初に皮膚科にかかったときの状態が5で、ステロイドの服用を続けていたときが2、そしてステロイドを止めた直後が8とすれば、極めて0に近い0,5まで下がったのです。
5年間、ずっとステロイドを飲み続け、それでも完治しなかった症状が、ビワの種と化粧水を数ヶ月続けることで、かつてない改善を得たのです。

それでもまだ、たまに部分的に痒くなるとその部位に皮膚科で処方された弱いステロイド軟膏を少量塗っておけば大丈夫です。
むしろビワの種を飲み忘れると手の甲や皮膚の柔らかい部位にプチッと湿疹が出てくるので、ビワの種が湿疹を抑制してくれているのを確信します。
最近ではビワの種の量を減らし、代わりに1日3回飲むようにして効果の持続を自分なりに考え、調整しています。
ビワ療法を妄信していると思われるかもしれませんが、私にとってはステロイド剤の服用から解放された信じがたい改善で、本当に出会えて良かったと感謝しています。

『ビワと健康』  2011年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 長年の皮膚湿疹が改善!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入