自然館

長崎県諌早市八天町14−1 0957−23−6670


まだ無農薬野菜や自然食品を扱う店舗が珍しく社会的地位が確立されていなかった時代に菅隆信社長が一念発起して開業した自然館は、来年30周年を迎える。
自然館の名称は、毎日の食事に直結した自然食のお店としてスタートしたことが起源だ。

健康相談で来られたお客様には、『体に良い何々を食べてください』というより『食べてはいけないものは食べないでください』とアドバイスしています。
例えば、喘息の方が甘い物や果物、脂っこい物が好きで喘息に悪影響を与えるものを食べていたのでは、いくら健康に良い食品を体に入れても効果は得られません。
まずは砂糖をやめることです。
甘いものが欲しいなら米飴や麦芽の水飴などをご紹介します。

味噌、塩、醤油、海産物、雑穀類・・・。売場の7割は自然食品が並ぶ。
残り2割が健康食品、1割が雑貨や化粧品などだ。
化粧品は科学的な染料や鉱物油など合成物を極力控えています。市販の口紅は赤色何号とかがほぼ100%使用され口から体内に取り込まれます。
髪の染料も頭皮から浸透して頭蓋骨を染めるため男女の判別がつくほどです。
最近はアレルギー体質の方も多く、対応させて頂いています。

また、同店2階の研修室では2ヶ月に1回、健康教室が開催される。放射能から体を護る食品の摂り方や食中毒の予防法など専門の講師が招かれ、好評という。
ビワ温灸は同店が推奨するメーンの手当法である。
長い期間をかけて患った症状の改善は時間を要し、食事療法だけでは痛みや辛さに即応できない。
ビワ温灸は内臓の疾患や痛みなど様々な症状に行なえ、鎮痛作用等の即効性がある。体の外からは温灸、内からはお茶や種の併用が効果的だ。
菅社長の信条は、いつもお客様の立場に立って考えること。20名のスタッフとともに自分たちが納得できる商品のみ扱う。
開業以来、安心、安全に拘り続けている。

◎自然館
長崎県諌早市八天町14−1
TEL:0957−23−6670

『ビワと健康』  2011年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワのある店 > 自然館
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入