アレルギー人生が一変!

東京都港区 福田美子 さん (50歳)

幼い頃、小児喘息を患ったことが影響しているのか、少し風邪が長引くと、途端に喘息の症状が出てきます。

ひとたび咳が出始めるとなかなか収まらず、呼吸困難で眠れなくなることもしばしばですが、病院でもらう薬は気分が悪くなるほど強く、その割に効き始めるまで時間がかかります。

風邪でなくても大変なのが春先の3月〜5月にかけてです。

激しい咳に加えてタオルで押さえないと間に合わない鼻水、くしゃみの連発で、まさに職場の迷惑者。頭痛ばかりかにおいの感覚もなくなるのです。

春先の苦痛の次は、夏の冷房が待っています。病院では”低温アレルギー”と診断されましたが、冷房の部屋に入ると、くしゃみが止まらなくなるのです。
落ち着いて買い物することも、旅行に出かけることもできません。

春先、夏場、そして風邪の季節…。年がら年中、咳や鼻水、くしゃみに苦しむアレルギー人生でしたが去年の夏、一変しました。
知人の紹介で、毎晩休む前に焙煎したビワの種を5〜6粒欠かさず食べるようになったのです。

温灸で鼻がスッキリ

以来ほとんど咳き込むことがなくなり、種さえ食べていれば自分のアレルギー体質を忘れてしまうほど平然そのもの。今年の春先は職場のアレルギー仲間から「咳が出ないわね」とずいぶん羨ましがられました。

くしゃみや鼻水の方も、去年の秋から始めたビワの葉温灸で、鼻がスッと通った感じがしてから急速に良くなりました。
ビワと出会って楽になった今は、以前の自分と似た症状の人に出会うとたいていビワの種を分けてあげるようにしています。
実際、咳がひどくて薬が手放せなかった男性が種を食べたその日のうちに咳が出なくなって喜んでいただきましたし、ハワイに住む義理の妹もビワで咳がとれたとのことで、最近向こうでビワの苗を2本買って庭に植えたりしています。

また、私の母もビワの実と葉っぱを漬けたビワ酒の湿布で膝が楽になったと喜んでいます。
ビワと出会ってまだ1年あまりですが、すっかり生活に溶け込んでいます。

『ビワと健康』  96年12月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アレルギー人生が一変!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入