側湾症がビワ温灸で改善!

宮城県多賀城市 ヒーリングサロン・シナジー 大場文美子 代表

整形外科で側湾症と診断された女性(83)が、娘さんに連れて来られました。

左肩甲骨の下辺りが丸く盛り上がり、触れると硬く明らかに歪んでいる様子が見てとれました。

ご高齢ということもありますが、それよりも精神的にショックを受けた出来事が引き金となり突然発症されたそうで、当初は左半身全体に痛みがあって歩くことすら困難な状況に陥ってしまったとのことでした。

当サロンに来られたときには、ある程度時間が経過し痛みはあっても歩くことは可能なところまで回復されていました。

当サロンは2階にあるため、足腰の悪い方は辛い思いをされます。
この方も足の痛みをこらえつつ階段を一段一段上がってこられ、気の毒な気がしました。
週1回のペースで通われましたが、ビワ温灸はとても合ったようで、特に足に当てると「気持ちいい」と喜ばれました。

いつも足先が冷えていて、足裏の「湧泉」のツボなどに良い反応がみられ、ビワ温灸の回を重ねるにつれて変化が現れてきました。
まず、足の痛みが軽減し、軽く上がるようになってきたのです。
階段を上がるとき痛くて重かった足が、ビワ温灸を終えて帰るときは軽やかに歩けるのです。

側湾症は、最初は背中の上の方が盛り上がっていました。ビワ温灸を行うたび硬さがほぐれ盛り上がりが段々と下に降りてきて、やがて平らになっていきました。
ご高齢なので完全に背骨が真っ直ぐになるわけではありませんが、ほぼ正常な状態に戻り、いつも一緒の娘さんも「明らかに姿勢が違ってきた」と変化を口にされました。

ビワ温灸を始めた当初は、当てるとすぐ「アチチッ」と過敏に反応しておられました。しかし、盛り上がりが収まるにつれジワーッと体の芯に温熱が浸透していくのが心地好く感じられるようになり、「チカチカして気持ちいい」と表現されました。
ビワ温灸を当てつつ色々なお話もさせて頂きました。精神的にもほぐれてきて心身両面で改善に向かわれ、2ヶ月ほどで健康を取り戻されました。

自律神経失調症にも

自律神経失調症で通われる女性(40代)は、どこが痛いというわけではなく何となく体が疲れて精神的に落ち込んだりで、お仕事を休んだりされていました。

もともとアロマトリートメントを受けておられたので、ビワ温灸をお勧めしたところ『やってみたい」とのことでした。

肩こりがひどく、体も冷えていました。
1回のビワ温灸は30〜40分、肩甲骨から首、背中、お腹を中心に、さらに足にも当てました。
週1回のペースで通われ、現在4回目が終わったところですが、着実に体が楽になり、併せて表情も明るくなってきています。

もう一人の女性(40代)も自律神経失調症ですが、この方は多血症といって血液のヘモグロビン数が多く、血栓ができやすい病気を持っておられます。
当初は腰痛で来られたのですがビワ温灸を行ううちにその病気の話が出てきて、病院通いをされていることを知りました。

ビワには血液を浄化する作用があります。3回目が終わった後、「今日、検査に行ってきたんです。数値も安定していました」と話してくださいました。
「ビワはきっといい」
そう信頼され続けておられます。

◎ヒーリングサロン・シナジー(ご紹介はこちらです)
宮城県多賀城市中央3−9−11−202
TEL:022−389−0507

『ビワと健康』  2011年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 側湾症がビワ温灸で改善!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入