ビワ茶で12キロ減量した

岩手県東磐井郡 菅原さつ子 さん (旅館経営・56歳)


15〜16年前、庭に植えたビワの種が芽を吹き、日当たりの具合が良かったのか立派に育ちました。
寒い地域だけにビワの木は珍しがられるのですが、まさか自分がこの木の世話になるとは、考えていませんでした。
5年ほど前、緑内障にかかったお父さんは本でビワがいいことを知り、葉っぱをあぶって目に当てたり、煎じて飲んだりしていましたが長続きせず、結局、病院で手術を受けました。

その後も何度か、ビワの葉を分けてほしいと訪ねて来られる人がいたりして、「やっぱりビワはいいのかなあ」と漠然と思っていましたが、もっぱら旅館の料理に添える”みどり”に利用するだけでした。
料理を彩る上で、年中青々と葉をたくわえていることが、とても重宝するわけです。

そんな私がビワ茶を飲むようになったのは、去年の4月頃からです。
忙しい季節に入ると長時間の立ち仕事が続くのですが、決まって身体がだるくなり、次第に足にしびれが出始め、やがて夜眠れないほど痛み出すのです。

ここ何年か、体重が増えたことも手伝ってか症状が顕著になっていたのですが、ふと調理場のビワの葉に目がいきました。

痺れ、痛みが消えた

頭の隅に「ビワはいい」という意識があったのでしょう。料理で使ったあとの切り屑をお茶にしてみようと思い立ち、庭に生えているドクダミと一緒に煎じて飲むことにしました。
特別な期待など抱いてはいなかったのですが、効果は予想以上でした。
1ヶ月、2ヶ月と経つうちに身体のだるさやしびれが取れ、4ヶ月後には完全に痛みが消えて、階段も軽やかに昇れるようになりました。
階段が楽に昇れるようになったのは、痛みが取れたからだけではありません。
ビワ茶はもう一つの効果をもたらしました。

食事制限は一切なし

飲み始めて暫くすると体重を量るたびに500グラム、1キロと減り始め、1年経った頃には12キロもスリムになったのです。
以前の丸い私を知る人はみんなビックリ。「半分になりましたね」と冷やかされたり、さっそくビワ茶を飲み始める人もいました。
甘いものや食事の制限をするでもなく、至って簡単に痩せられたのはビワ茶の利尿作用だと思いますが、痛みやしびれが取れたのもその作用と無関係とは思えません。
私のビワ茶の飲み方は特別なことは何もありません。ヤカンいっぱい作っておいて、仕事の合間に飲むだけです。常時飲めるようにしてあるため、職場の人たちも自然と飲むようになり、今ではみんな愛飲者になりました。
思い起こせばこのビワの木は、人から戴いたビワの実がとても立派だったため、興味心から種を庭に埋めて芽吹いたものでした。
ビワには不思議なご縁があったのだなあと、今しみじみ感謝しています。

『ビワと健康』  96年12月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワ茶で12キロ減量した
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入