ナイチンゲール看護論に基づき各種療法を体験

宮崎県立看護大学講師 邊木園 幸先生にインタビュー


  • 宮崎県立看護大学では授業の一貫としてビワ温灸など各種療法が行われていると聞きました。
    一般の大学でいうと一般教養にあたるカリキュラムの科目に人間研究演習気箸いΡ藹の授業があります。その授業では西洋医学だけでなく東洋医学にも枠を拡げた総合的な医療を学ぶ内容になっています。
    実際に体験をする項目としてレイキやアロマセラピー、ビワ温灸といった様々な療法が組み込まれています。

  • はり・灸といった東洋医学に根ざした学校の授業でビワ温灸等が紹介されている例は時々耳にしますが、看護大学の授業でそうした各種療法が組み込まれているというのは珍しく感じます。どんな経緯で導入されたのですか?
    本学の薄井坦子学長は、”ナイチンゲールの夢を宮崎に”をスローガンに掲げてナイチンゲール看護論を長年に渡って提唱し打ち立ててこられた方です。
    ナイチンゲールの考え方に『人間はよく生まれ、よく育まれて人間になっていく』という言葉がありますが、人が健康的に生きるには、その育まれるプロセスが大切です。
    開学時から人間が持つ本来の力が高まるような教育カリキュラムが組まれていましたが、次第にできなくなっていた事情もあり、再検討して昨年から新たにスタートしました。

自然治癒力を体感

  • 西洋医学を基本とする通常の看護大学ではなかなかできない柔軟で画期的な試みだと思います。
    やはりナイチンゲールの言葉に『病気や疾病とは、健康を阻害してきた色々な条件からくる結果や影響を取り除こうとする自然の働きの過程である』というのがあります。人の体を癒そうとしているのは自然そのものであって、看護の役割は自然の働きを助けることだというのです。人間にはもともと自然治癒力が備わっているけれど、様々な文化を生み出してきた動物であるが故に頭で考えることに頼り過ぎ、体が発するサインを感じ取ることができなくなっているのも事実です。
    自然治癒力を重視し、経験値を積み重ねて伝統的医療として確立されている療法とはどんなものなのか。実際に体験してみないと理屈だけでは分からないですからね。

  • 学生さんたちも未知の領域の看護医療に出会っちゃったという感じではないですか?
    はい、びっくりしていますね。
    自分たちが抱いていた看護のイメージとはかなり違っているでしょう。
    怪我をしたら消毒してガーゼを貼って・・・、と考えていたでしょうから。ただ、私としてはまずは自分で健康が守れたり、回復していけるようになってほしいと願っています。
    例えば看護学生の9割は女性です。月経痛がひどい学生も非常に多いのですが彼女たちのほとんどは、世の風潮に合わせて簡単に鎮痛剤で対処しています。月経痛が起こる理由を考えれば保温と循環の大切さに気づいてほしいのですが、関心を持っていません。
    自然治癒力の話は聞いても、自分が病気予備軍であるという自覚がないのです。
    体を温めることで血液の循環が良くなるとか、ツボを刺激することで痛みが緩和するとか、実体験を通じて自然治癒力とは何かを感じてもらいたいと思うのです。

統合医療に立脚した看護の専門家を育成

  • 医者の不養生という言葉もありますが、看護をする立場の人たちがそれではまずいですね。
    そうです。
    自分たちの体のサインに気づけなければ患者さんのサインにも気づけるはずがありません。
    小さなサインを自分の体でしっかり観察できる力がつけば他者をも観察できるようになります。もちろん大学の授業では看護方法という科目があり基礎的な観察の仕方などを1年かけて学んでいます。
    看護の専門的視点から学んだ内容で観察するとともに統合医療の視点でも観察できるような幅の広い看護の専門家に育ってほしいと願うのです。

  • 様々な療法を体験的に学ぶとのことですが、演習授業の概要をお聞かせ下さい。
    対象は1年生で、半年間で15回の授業が行われます。
    ビワ、アロマ、レイキ、指圧の4つのブースを設け、4教室を使って24名ずつ90分かけて一つの体験をします。
    4週で全ての学生が一通りの療法を体験することができるようにしました。
    但し、私が担当するビワのブースは、ビワ温灸だけでなく冷温足浴、サウナ、冷温浴があり、90分間で4つを体験するため各療法は15分程度となります。
    ビワの温灸器が3台、サウナも3人しか入れないので交替でやらざるを得ないのが実情です。

ビワ温灸による改善例

  • 短時間だとビワ温灸が持つ熱の浸透や心地好さを体感しきれない気がしますし、そもそもビワ療法の認知度はどうなんでしょう。学生さんたちの反応は如何ですか?
    96名の内、ビワ療法を知っていたのは1名だけでした。肩こりや腰痛の学生が多いので授業ではどちらかの部位に当てるようにしていますが、肩に当てただけなのに全身がポカポカしてきたとか、体が軽くなった、むくんでいた脚が楽になったとかの感想がありました。
    気持ちがいいので結構喜んでやっていますよ。
    ビワ温灸を体験したある1年生が詳しく教えてほしいというのでじっくり当てたことがありました。この学生はひどい肩こりで、頭痛まで生じていました。
    背部から肩、頭部まで1時間当てました。終わった直後の学生は期待したほど効果は感じられなかった様子でしたが、翌日走りよってきて『嘘みたいに今朝は肩が楽です』と報告してくれました。
    最近は病気を抱えて入学してくる学生もいます。
    腸の病気を持っていた学生は薬に頼り、痛み止めを毎日服用している状況でした。
    手足がとても冷えていて、これでは腸が良い筈がない。必要に応じてビワ温灸器は貸し出しているので、自宅で親と一緒に当ててもらいました。『本当に、温まります。痛みが楽です』と言って喜び、無事に実習を乗り切ることができました。
    また椎間板ヘルニアで10年来の腰痛持ちの教員がビワ温灸器を借りにきて、夕方1時間ほど自分で当てたことがありました。翌朝、いつもだと腰痛体操をして起きないと1日中腰が痛むものが、その日は起床時に痛みがなく腰痛体操をせずに起きられたと喜びの報告を頂きました。

  • 授業以外でも改善例がありますか?
    実習に行くとガンの患者さんにも沢山当てます。2年前、乳ガンが脊椎に転移して歩けなくなっている女性(50代)がおられました。骨転移して脊椎の神経を圧迫している状態で足の感覚は全くありませんでした。
    非常にショックを受けておられましたが、自分に治る力があることを信じる大切さや心の持ち様についてお話し、ビワ温灸をご紹介しました。
    1週間ほど経って主治医と看護師長に許可を頂きビワ温灸を行いました。
    背中全体に当てたのち腰に当てた時でした。完全に麻痺している足がピクピクと動いたのです。神経が圧迫されているけれど全部がやられているわけではないと予想した通りでした。
    それを見た患者さんは『足が動いた!』と喜ばれ『やっぱり私の神経は大丈夫なのね。ガンだって小さくなると信じることが大事よね』と希望を持たれました。
    ご本人の意識ではなく反射で動いたのであって麻痺自体が治るわけではないけれど、ガンも小さくすることが可能だと希望をもたれる体験になったケースでした。

  • 患者さんが喜びを得ることは治癒力を高める効果に繋がりますね。ところでビワ温灸の選定はどんな経緯だったのですか?
    キャンサーヘルプネット宮崎というガンの患者さんたちの会があって、林田繁先生の講演会が本学で行われたのがきっかけで交流を持ち、勉強会を始めました。 その勉強したことを患者さんに還元しようということで宮崎翼の会という患者会を立ち上げました。月1回、4回コースで食事、運動、体温、心を各テーマごとに学び、体験していますがそこでビワ療法が使われています。参加者の一人で手術後に再びシコリができた女性は、ビワの葉コンニャク湿布を毎日続けて2ヶ月でシコリが消える体験を得ました。いま学生たちが授業でビワ療法を学び、体験をしてその良さが分かっても現実的にはすぐには使えないと思います。
    それでも将来、学んだことを思い出しひもといてくれたらいいなと思っています。

  • 最後に邊木園先生が感じるビワ療法の良さをまとめるとどうなりますか?
    ビワはどこか遠いところから来たものではなくアジアの文化、日本の文化に根づいているものだと感じています。アジアの文化というのは中国の歴史も含めてですが、歴史的に積み重なった厚みがあります。健康に良いものとして培われ伝承されてきたものが、忙しい現代人の心と体をホッと和ませる。病気は心の面の影響がかなり大きく、ビワ温灸は心が和む実感が伴う療法なので気に入っています。
    何事もしゃかりきになるのが今の世の中の流れですが、ビワ温灸の癒される体験が大事な気がします。
    自分で行うことは大切で、セルフケアが最終的な目標ではあるけれど、病んでいる時には癒される体験が必要です。
    ビワ温灸は一人でもできます。しかし、当ててもらう時の心地好さは格別です。
    人は一人では生きて行けません。助け、助けられている存在であると感じることにも繋がる優れた療法だと思っています。

  • ありがとうございました。
『ビワと健康』  2011年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 識者に聞く > ナイチンゲール看護論に基づき各種療法を体験