家族全員がビワを愛用

岐阜県高山市 石橋博子 さん

ビワ療法と出会って以来、家族全員で愛用しています。

きっかけは主人のお母さんでした。お母さんは糖尿病を患っており、心配した妹さんがビワのお茶を紹介したのです。
そのお母さんが「何か良い気がするよ」と今度は私に勧めて下さいました。

6年前、私は治ることのない肝臓病であることが判明しました。父から「お前、顔色が悪いで。医者に行け」と指摘され、ただの疲れだと思いつつ検査を受けた結果、判ったのです。現在は通院しながら投薬治療を続けています。
お母さんからビワ茶を勧めて頂いたものの残念ながら体質的に合わず飲むことができませんでした。

ただ、ビワ療法についてインターネットで調べるうちにビワの種(錠剤タイプ)とビワの入浴剤に強くひかれたのです。
肝臓の病気にとって便秘は大敵です。それは肉体疲労と同様に肝臓に負担をかけてしまうからです。
病院で処方された薬を服用していると体調によって便秘になったり、逆にゆるくなったりするのですが、ビワの種を飲んでいると安定しています。

また、私はアレルギー体質でもあり、花粉の季節には効果を感じています。
主人と下の子供(11)も花粉症ですが、息子はビワの種ではなくビワの入浴剤で助けられています。ビワ風呂に入った際に吸い込む湯気が良いらしく1年が経った春先、「今回は症状が出なかったね」と話しました。

子供のアトピー性皮膚炎にも有効でした。膝裏や肘に痒みが出たり、カサカサになって掻いて傷を作ったりしていましたが、毎日ビワ風呂に入るようになって痒みは一切出なくなり、肌もツルツルになりました。
あせもも出ていません。上の子は部活で沢山汗をかくので「ちょっと痒いかな」ということはありますが、この子もボリボリ掻くようなことはありません。

ビワ風呂の効果はほかにもあります。私と主人はともに冷え性で、それが大いに改善されています。
男性で足に汗をかく人は冷え性だと言われますが、主人の場合がまさにそれで足の裏に冷たいタオルを当てないと火照って眠れない人でした。ところがビワ風呂のお陰で血流が良くなったらしくタオルは必要なくなりました。

主人以上の冷え性が私です。ここ高山は非常に寒く冬は電気毛布やアンカを入れないと眠れないほどで、夏でも靴下を履いて寝る私には厳しいものです。
ところがビワ風呂と出会い今では冬でも靴下は要らなくなりました。

また、飲食店という仕事がら水仕事で手全体がカサカサになり、季節の変わり目には決まって指がひび割れ辛い思いをしてきました。それもなくなりました。
ビワ風呂に入った際、湯船に浮かべたビワパックを手で揉むと肌への効果はてきめんで、湿疹が出やすい主人にも「その箇所をパックでこするのよ」とアドバイスしていたくらいです。

ただ、揉んだり肌をこすったりしているとパックが破れて中の葉っぱが出てきてたことがありました。
販売元にクレームの電話を入れたところ「もともと入浴用の商品は肌を直接こするものではありません。保障しかねます」ともっともな回答でした。

とはいえ最近はパックが改善され以前より丈夫になったため、うちの家族は懲りずに破れないように気をつけながらせっせと愛用しているのです。
主人は毎年2〜4月に鼻炎が出るのでこれにはビワの種(錠剤タイプ)で対応しています。くしゃみが出かけるとビワを飲むという気楽な用い方でとても重宝しています。

『ビワと健康』  2010年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 家族全員がビワを愛用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入