ビワ療法の多様な効果

長野県飯田市 ナイチンゲール 下平雅博 院長

当院では、ビワ療法を施術に併用して良い効果を得ています。

足首の捻挫で来られた方が鼻炎だったので、仰向けで足首に手技を施しながら顔にはビワエキスを含ませた脱脂綿を小鼻から目の下にかけて当てました。

エキスが蒸発し脱脂綿が乾いてきたら継ぎ足し、2〜3回くり返すと約10分で鼻の通りが格段に良くなり楽になられました。

また、肩の痛みで来られた人はアトピーの症状が出ていたので、首や腕の内側など症状の出ている箇所にビワエキスを塗りました。10代の女性でしたが肩の改善とともに肌がきれいになって喜ばれました。

イボが取れた女性(60代)もいます。
この方の場合、手や足のタコの改善例が参考になりました。

以前、月刊「ビワと健康」にビワエキスをガーゼに含ませラップを巻いて寝るだけで足のタコが1ヶ月ほどで改善した例が紹介されていました。
足裏や小指の横などにできるタコは厄介でほじって芯を取り除いても3ヶ月くらいでまた出てきます。

私は記事を読み『これは凄い!』と感心し、タコのある人に試しました。水虫もしかりで何人かの改善が得られました。
その体験から『タコが治るならイボにも良いのでは・・・』と考えたわけです。

イボはあごの下方にあり気になっていつも触っておられました。
ビワエキスは1日3〜4回スプレーで噴きかけましたが、3週間ほどで風船がしぼむように小さくなり、触ると判るものの外面的には判らなくなりました。

70代後半の女性は、結膜炎でした。『タコや水虫が改善したのだから結膜炎も・・・』と考えガーゼにビワエキスを含ませ仰向けの状態で閉じた瞼の上にのせました。わずか二晩で症状は完全に収まりました。

この結膜炎にヒントを得たのが老人性の膣炎です。この人は病院の薬では何年も治りきらずにいました。ビワの殺菌作用に期待して孫にナプキンをもらってビワエキスを含ませて当てるうちに1週間足らずで改善し、「もの凄く調子がいい」とビックリされました。

ネコの乳房炎ではビワ温灸が活躍しました。雑種のメスで人間に換算すれば50〜60歳、家族の一員として大切に飼われていました。手足を押さえ、仰向けにして腹部にビワ温灸を当てたわけです。さすがに初回は暴れて噛みつかれもしましたが、それでも効果はてきめんで3回の温灸で改善し、感謝されました。
肌が弱くアゴから首にかけて(おそらく全身にも)湿疹の出ていた女性(20代前半)は、ビワエキスをつけ始めて1ヶ月弱で見違えるほどきれいになりました。

このようにビワ療法による改善例は多岐に渡ります。
当院の待合室には常に月刊「ビワと健康」が置いてあり、皆さん興味をもって読んでおられます。
大腸ガンが転移し抗ガン剤治療をしている方にも関連記事をコピーしてあげました。「ビワ療法を始めてから調子がいい」と喜んでおられます。

ビワ療法は様々な症状に活用できる優れた療法です。

◎ナイチンゲール(整骨、ハリ、ビワ灸)
長野県飯田市上郷下黒田南473−1
TEL:0265ー24ー7588

『ビワと健康』  2010年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワ療法の多様な効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入