脳梗塞の後遺症を克服

熊本県下益城郡松橋町 森島幸子 さん (58歳)


かれこれ20年、高血圧の薬を服用してきましたが、昨年の3月、名古屋から熊本に引っ越して間もなく体調を崩してしまい、体に力が入らず頭がボーッとするようになりました。

おそらく病院が変わり、違う薬を飲んだのが原因だろうと軽く考えていました。ところが、そのうち足が地につかずフラフラし、自転車に乗ると左にハンドルをとられるようになり、とうとう倒れてしまいました。

名古屋に住んでいた時も、まれに顔がカーッと熱くなることもありましたが、しばらく安静にしていれば元に戻っていましたから、明らかにそれとは違う症状でした。

あわてて総合病院で検査を受けたところ不安的中で、「脳梗塞」と診断されました。医師の話ではとにかくストレスが良くないとのことで、安静にしているように言われました。

しかし、90歳になる母親の面倒をみない訳にはいかず、娘や弟の世話もあったりで、不安を抱えながらも炊事や買い物などをこなしていたのですが、やがて左足が動きにくくなり、左腕にもしびれを感じるようになりました。
5月に入り町立の病院で診察を受けました。

「右脳にくもりがあり脳梗塞の後遺症がでています」とさらに深刻な診断が下され、ここでも安静を勧められました。
やむなく妹や福岡の姉に手伝いを頼んだりしましたが、それでも休んでばかりはおれません。

ビワ灸の良さを実感

どうしたものか困っていたとき、妹からビワの葉温灸の話を聞き、たまたま近所に住む妹の友人から温灸手当を受けることになりました。

6月に入って、週2回の手当を受け始めたのですが、最初は手足の指の先、頭のツボを押されると、とても痛く感じました。それでも次第に温灸に慣れ、特にふくらはぎや右目の横は非常に気持ち良く、時間が許せば温灸を受けながら寝ていたいほどでした。
徐々に体調は良くなり、ビワの葉温灸を始めておよそ1ヶ月で左足の痛みがなくなり、左腕も握力が少し弱い程度でしびれはとれてしまいました。
7月、総合病院でCTを撮ったところ右脳のくもりが消えていました。

医師も驚く効果

また町立病院では、「何かリハビリした?」と医師が聞いてきたほどで、ビワの葉温灸の話をしたところ、「そんなのがあるかなあ」と不思議がっていました。
脳梗塞の「後遺症」という言葉を聞いたときは正直なところショックでしたが、思いもかけずわずか1ヶ月で回復するとは…。本当に感謝しています。

最近は疲労回復のため、1週間から10日に1回、ビワの葉温灸のお世話になっています。

『ビワと健康』  96年11月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 脳梗塞の後遺症を克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入