図解雑学 養生訓

帯津良一編著 螢淵張畆


良書紹介

わが国におけるホリスティック医学の第一人者である帯津良一医師(帯津三敬病院名誉院長)が養生の先達、江戸時代の儒学者・貝原益軒の記した『養生訓』をひもとき、現代のホリスティック医学の観点から読み解いた魅力の本である。

タイトルにある『図解雑学』が示すように各項目ごと簡潔な文章およびイラストが多用された図解とで構成され、全てが見開き、読み切り。

しかも、帯津医師が重要ポイントとする箇所は太字表記という念の入れ様で、抜群の読みやすさとなっている。

豊富な図解に伴い文字数を絞り込んだぶん吟味された文言が凝縮されており、すらすらと読み進められる半面てんこ盛りの内容が楽しめる。

帯津医師が唱える攻めの養生。日々、いのちのエネルギーを勝ち取って向上し、死ぬ日を最高にまで高め、その勢いを駆って死後の世界に飛び込んでいくという元気の出る養生の世界に、本を開けばいとも簡単に入り込め、自ら実践の意欲が湧いてくる感覚が心地好い。

なお”灸は陽を助く”の項では、現代の灸治療として遠赤外線を使ったビワの葉温灸も紹介されている。

※帯津良一編著、螢淵張畆卮行、(定価1,480円+税)


『ビワと健康』  2006年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > 図解雑学 養生訓
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入