激しい膝痛が短期改善

和歌山県和歌山市 りっふれっしゅすぺーす さらんへ 堀口裕子 代表


激しい膝痛を抱えておられた50代半ばの女性がビワ温灸と足裏マッサージ、漢方茶の併用で改善した例を紹介させて頂きます。

知人の紹介で見えたこの方は以前、事故で足を傷めたことがあるそうで膝痛も同じ側に出ていました。

当然、事故の後遺症を疑うところですが、ご本人としてはそれが原因ではないという感覚を強く持っておられました。
痛みが出始めてから1年ほど経っておられたようで、徐々に徐々に症状は重くなり、とりわけ寝起きが辛いとのことでした。
寝ている間は痛みがあっても我慢の出来る程度。
ところが朝起き上がるのが大変で『今日はもう歩けないんじゃないか・・・』と思えるほどの激痛に襲われ、それでもどうにか立ち上がり、少しずつ動いていると次第に痛みは収まってくるという日々の繰り返しだと言われました。

痛みが増し、明らかに悪化していく様子を見かねてご家族は「そんなに痛かったら歩けなくなっちゃうよ。事故だってしているんだし整形外科で診てもらった方がいいよ」と心配されるのですが、どうしても事故の後遺症や関節痛の類いではないとの思いは拭えず、整形外科を訪ねる気持ちになれなかったそうです。

「すごい痛みなんです。そどうしたらいいですか」
そう尋ねられ、正直なところまだ経験の浅かった私は、師匠である健美療術師協会の橘先生に相談させて頂きました。

橘先生の返事は非常に簡潔で、「寝ているとき痛み動くと収まるというのは簡単なこと、冷えとか運動不足による乳酸が原因です。動き始めると痛みが止まるのは乳酸も一緒に動くからで、逆に寝ているときは乳酸が滞って痛みの原因物質を作っている。問題は冷えなので、とにかくビワ温灸を3日続けて行なって下さい。そして、3日目の温灸の後で足裏のマッサージをすると良いですよ」というものでした。
ご指導頂いた通り、3日間痛みの部位と腰、お腹に40分かけてしっかりビワ温灸を行ないました。
併せて、運動不足から血流が悪く老廃物も溜まっている状態だったので”温かい水分を摂取する”という意味で宮古島の漢方茶をお勧めしました。

このお茶には瘀血・血液の循環不良の改善、血液中の中性脂肪や糖を下げる働き、カルシウムの含有量が多く骨粗鬆症の予防を図る等の優れた働きがあり、しかも利尿作用と違って体を温めつつ排尿を促す作用があって夜中にトイレに立つことなく熟睡できるという利点があります。 偶然にもこの方はそのお茶をすでに持っておられました。しかし、飲まずに放置しておられたのです。

ビワ温灸、足裏マッサージ、宮古島のお茶。
この三つを行なった結果、3日目の施療が終わった翌朝、「今朝は痛みがありませんでした。こんなこと今までなかったことです」と電話で喜びの報告を頂き、改めてビワ温灸の威力を実感させられました。
半年が経過し、以前のような痛みもなく元気に過ごしておられます。

◎りっふれっしゅすぺーす さらんへ
和歌山県和歌山市岩橋1631−1 パタヤハウス201
TEL:073−474−4771

『ビワと健康』  2009年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 激しい膝痛が短期改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入