片頭痛から解放された!

東京都品川区 西野妙恵 さん (49歳)

2年ほど前から肩こりに伴う形で片頭痛が始まりました。ガンガン、ズキズキ、しょっちゅう頭が痛むのと、時にはめまいがすることもあって市販の頭痛薬に頼っていました。

片頭痛は自分の持病・・・。そう思い込み半分諦めていましたが、小学4年の息子が便秘になったことがきっかけでビワ療法を再開することになり、すっかり改善してしまいました。

息子の便秘が改善

まず息子の便秘からお話します。理由はよく分かりませんが今年4月、息子のお通じが無くなりました。
5日、6日と日が経つうちにお腹が張って見た目にも太り気味になりました。
これまでにそんな経験はなく、辛そうな姿を見ながら思案する中で、『そうだビワ療法があった。試してみよう』との思いに駆られ、長らく眠っていたビワ温灸器を引っ張り出し、お腹と腰に当ててみたのです。

20分ほど当てた時でした。息子が「お腹がゴロゴロ鳴ってる。トイレに行きたい」と言い出しました。慌ててトイレに駆け込んだ息子でしたが、用を足して帰ってくるなり「ウンチがいっぱい出たけどまだ残っているみたい」と言うのです。結局、3回トイレに行き、最期は真っ黒いタール状の宿便が出たようで、ようやくスッキリした表情になり、体重計に足をかけながら「ママ、1kgくらい減ってるよ」とお腹を撫でながら話しました。

「そうか、やっぱりビワ温灸の威力は凄いんだなあ・・・」と実感し、同時に息子のお腹が冷えていたことが気になって、これを機に食事面でも野菜の占める量を半分以上にし、肉を止めて魚に切り替えました。
実のところ、息子も娘もとても肉好きで肥満体型だったのです。このままだといずれ病気になってしまうと懸念し、真剣な家族会議を開き、全員納得の上で食事を中心にした生活の改善を決めました。
ただ、完全に肉類を止めるのではなく、脂身の少ないものに替えて月に2、3回程度にしたのです。

そしてお腹を中心にビワ温灸を当てビワ茶も飲むようにしたところ毎朝きちんとお通じがあり、体調が安定してきたのです。
この一件でビワ療法の優れた力を改めて感じ取った私は、自分の片頭痛にも用いたわけです。
目頭から目の周り、こめかみにかけて毎日20分当て、ついでに肩にも当てているうちに段々と頭痛も肩こりも無くなり、「そういえば最近頭痛薬を飲んでないな」と気づきました。

そして、かくいう私も便秘症で3日、4日は当たり前でしたので、お腹にも当ててみました。
これも効果はてきめんでした。食事を替えたことによる相乗効果もあるでしょうが僅か数ヶ月で3kg痩せ、お腹もすっきりしました。

生活改善を図って5ヶ月が経ち、息子は7kg痩せました。太っていると指摘されることがなくなり、先生方からも頑張りを評価され以前と比べて明らかに自信に溢れ、言動もポジティブに変わってきました。

中一の娘も8kg近く体重が減り、学校の制服はブカブカになりましたし、以前着ていた洋服が再び着れるようになり、とても喜んでいます。 ビワ茶を飲むと体内の余分な水分が排泄される感覚があり、毎日のお通じとともにオシッコの回数も増えてきます。

そればかりではありません。息子は風邪をひきやすく熱も出やすくて頻繁に病院にかかっていましたが、生活改善を図り始めた4月からは一度も病院に行っておらず、ビワ療法を通じて予防が出来ることの有難さも実感しています。

ほかにも、目が疲れたとき頭にビワ温灸を当てると、「目が曇っていたのに見えるようになった」と喜びました。
主人はとてもスリムな体型で肥満とは無縁ですが、腰痛時にビワ温灸をしてあげると1日で痛みが取れると感謝してくれ、ビワ療法の恵みに家族全員どっぷり浸かっています。

打ち身にはビワエキス

また、右膝下(スネ)をしこたま打って脚を腫らしたときはお手製のビワエキスに小麦粉を混ぜて冷湿布しました。午前中、患部に布を当てラップを被せておいたところ、夕方には腫れがひき痛みも軽減、またまた驚かされました。

ビワ療法に助けられ、併せて食事を見直して生活の改善を図るきっかけとなり感謝するばかりです。
近ごろは意識せずとも食事に敏感で体が必要としないものは摂取しないようになり、甘いものも欲しくなくなってきました。
ビワの葉療法は本当に頼りになる仮定療法です。沢山の方々が実際に体験され、恵みに与れるよう願ってやみません。

『ビワと健康』  2009年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 片頭痛から解放された!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入