自然食品の店 開けごま

茨城県水戸市米沢町91−4 TEL:029−246−0518


一度聞けば忘れられないユニークかつインパクト満点の”開けごま”。

このネーミングには、ゴマに象徴される優れた自然食品を通じて、お客様の健康に貢献したいと願う店主・高田清明さんの思いが込められている。

平成8年1月オープン、今年で14年目。
県庁に長年勤めた高田さんは、かつてゴルフ場の農薬問題がクローズアップされた時期、農薬規制等の仕事に携わったことがある。また家庭菜園で無農薬野菜を作ってきた経験から安全な食の大切さを痛感、開店を思い立ったという。

こだわりは国産、無添加、無農薬!意見が一致する奥様と二人三脚で切り盛りしている。
商品は、発芽玄米、あわ、ひえ、きびなど国産の穀類、無添加の味噌、醤油といった調味料、そして旬の無農薬野菜などが中心だ。

「国産の穀類は本当に少なく、特にこだわっています。味噌、醤油もしかりです。野菜は生産者および自分たちの手作りです。スーパーのような季節を問わない品揃えは無理ですが、露地物で旬だからこそ体には良いはずです。不景気感漂うご時世だけに、自然食品を割高に感じる向きもありますが、農薬や添加物を使用しないぶん手間がかかり、賞味期限も短いといった事情があります。外食や中食に依存する風潮が強まる中、本当は良質の食材で手作りした方が割安です。健康を考えればなおのことではないでしょうか」

厳選された食材が占める店内で、ビワ関連の商品が目を引く。ビワの種、ビワ茶、ビワエキス、ビワ酢、ビワ入浴剤、ビワ温灸器と一式揃っている。

「ビワ療法には以前から関心がありました。東城百合子先生や川竹文夫さんの講演会に参加したり、私自身もビワ温灸を体験し良さを実感しています。先日はこの場所でビワ温灸の体験会を開きました。参加された方々にとても好評でした。今後も継続して開きたいと考えています」
健康志向が定着してきたとはいえ、まだまだ都会並みの需要は見込めない。しかし、そもそも人様のお役に立てること、それが出発点。
この店を頼りに足を運んで下さるお客様のために良い食材を提供し続けると語る、高田店主の心意気が嬉しい。

◎自然食品の店 開けごま
茨城県水戸市米沢町91−4
TEL:029−246−0518

『ビワと健康』  2009年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワのある店 > 自然食品の店 開けごま
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入