頭痛地獄から救われた

神奈川県横浜市 芹澤洋子 さん (39歳)

幼い頃から虚弱で学校も休みがちだった私は、今日に至るまで頭痛、生理痛、肩こり、吐き気等でずっと悩んできました。
21歳の時にはメニエール病にかかり、平衡感覚がとれずに倒れたり、舌がもつれて思うようにしゃべれなくなったりしました。

恐らく慢性化した病的体質によるのでしょう、当時の私は、普通の人の何倍も甘いものを食べていました。

明らかに過度の糖分摂取が身体のバランスを崩していると分かっていてもどうしても抑制できず、糖分を体外に排出する力は完全に失われていました。

やむなく肩や背中のうっ血した箇所を剃刀で切り、ガラスのコップを当てて吸引する治療を受けました。
この治療は、悪血を吸い出すことで白血球を活性化させ、抵抗力をつけて回復させるというものですが、プルプルとゼリー状になった血がたくさん取れました。

1週間に2回の治療を半年間続けたのですが、糖分を完全に絶ったことも奏効してか、メニエール病の症状はなくなりました。
しかし、肩こりや頭痛、生理痛は相変わらずで、その後もいくつか評判の治療院等に通って治療を受けてはみましたが、どれもこれも痛いばかりで根治には至りませんでした。

気絶できたら楽なのに

31歳の時、下腹部にひどい痛みを覚え、大学病院で検査を受けたところ妊娠1ヶ月であることが分かりました。
肝心の痛みの原因は分からず、その場は痛み止めの処置で済ませましたが、数ヶ月たって卵巣嚢腫と判明しました。
左側の卵巣が8センチに腫れ上がり、そのままでは子供は産めないとのことで、急遽手術をすることになりました。

ところが切開してびっくり。左側の卵巣嚢腫もさることながら、右側の卵管にもう1人子宮外妊娠し、たらこ状に腫れ上がっていたのです。
痛みの原因はこれだったのです。危うく卵管破裂で母子共に命を落とすところでしたが、手術によって一命を取り留めました。
しかし、出産後は以前に増して頭痛や吐き気がひどくなりました。

生理の始まる前日、決まって右側頭部に錐で突き刺すような激痛が走り、脂汗が出て吐き気を催し、起きていられなくなるのです。
「いっそ気絶できたら楽なのに…」と何度思ったかしれません。何かいい療法はないものかといろいろ試してみましたが、結局、これはというものには出会えませんでした。
そんな私が、ビワの葉療法を知ったのは96年3月のことです。主人の知人が遠赤外線を使った温灸器を紹介してくれました。

婦人科系が痛みの原因

初日はじっくり1時間、頭のツボに当ててみましたが、気持ち良さを感じる程度でした。
翌日も頭部を中心に当てたのでした、同時にビワの種を朝、昼、晩10粒ずつ食べてみたところ、少し頭がすっきりしました。
3日目は、「自分の頭痛は婦人科系が影響しているんじゃないか」との思いがよぎり、下半身を中心に当ててみました。

これが大正解でした。足の下の方からハッキリと血液が流れ始めたのが感じられ、頭の痛みがどんどんひいてきたのです。
ここだったのか…。心の中で思わず叫び、長年の苦しみから解放されていく感動に1人浸りました。
それ以降、生理痛自体が軽くなり、ビワの葉温灸を当てていれば寝込んだり吐き気を催したりすることは一切なくなりました。

耳鼻科通いも無縁に

我が家でビワを愛用するようになって半年が経ちました。
ちょっとした捻挫や肩こりにも温灸が重宝しますし、ジュース好きだった子供も、むしろビワ茶を欲しがるようになりました。
また、風邪をひく度に急性蓄膿症や急性アレルギー鼻炎を患って、年中行事となっていた耳鼻科通いも無縁になりました。

他の療法と違って痛くなく、簡単にできて、しかも効果的なビワの葉療法は、私自身、様々な療法を体験してきただけに、その良さを実感しています。

『ビワと健康』  96年10月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 頭痛地獄から救われた
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入