腰椎狭窄の痛みを軽減

福島県会津若松市 長嶺茂子 さん

一昨年の10〜11月にかけてのことで、すでに2年が経ちましたが、定年を迎えたこともあって引っ越しを計画し、大工さんに納屋を建ててもらいました。

私は一人身なので重い荷物は人にお願いするとして、『季節も寒くなりかけているし自分で運べるものは自分で・・・』との思いから荷造をし、2階へと運び上げていました。

早く引っ越さなくちゃ、そう焦る気持ちで無理をしました。足にも腰にも目一杯力を入れ連日運び続け、1週間が過ぎたある朝、激しい腰痛で起き上がることが出来なくなりました。
腰椎の狭窄でした。
引っ越しが終われば無農薬の野菜を作る・・・。それが楽しみでしたが、それどころではありません。
整体に毎日通う生活となりました。

ところが、1年以上通っても治ることはありませんでした。
私の狭窄は少し珍しく、背筋をピンと伸ばしていると比較的に楽なのですが、僅かでも体勢を傾けると痛みが走り、作業をするなど考えられないのです。
しかし、動かないと筋肉は衰えさらなる弊害も考えられて心配しました。

改善せぬまま1年が過ぎたとき、信頼する治療家の先生からビワ温灸を紹介されたのでした。先生の「ビワはいいよ」という言葉にひかれて体験したところ、その場で激しい痛みがスーッと消え、楽になりました。
すぐに気に入り、ビワ療法の研修を受けてビワの温灸器を購入しました。

毎日自分でビワ温灸を当て、整体と一緒に続けるうちに痛みは次第に軽くなっていきました。
ビワ温灸は、腰を中心に30分くらい当てました。

今春から、筋肉の衰えを防ぐ目的でスポーツジムに通うことも出来るようになり、ビワ温灸、整体との三つ巴が奏効して日常生活では殆ど困らない程度にまで改善が進みました。
まだ完治とはいかず、整体にも時々通いビワ温灸も行ないますが、ビワ温灸は痛みを取ってくれるので重宝しています。

最近は、近所の糖尿病の方にビワ温灸を当ててあげ「すごく軽くなる。気持ちいいね」と喜ばれたり、三叉神経マヒのある友人にも紹介し、「ピクピク出始めそうな時、ビワを当てると収まって楽になる」と感謝されたりしています。

ビワ温灸はどなたにもお勧めできる手軽で素晴らしい療法だと確信します。

『ビワと健康』  2009年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腰椎狭窄の痛みを軽減
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入