長年のアトピーを克服

和歌山県有田市 崎山博美 さん (26歳)

10年前、鼻炎になったのをきっかけにアトピー性皮膚炎の症状が出始め、今日に至るまでまる10年間悩まされ続けました。

病院での治療は注射と飲み薬と塗り薬でしたが、少し良くなって喜んでいると数ヶ月後にはまた再発、いつも不快な状態でした。

そんな一進一退の様子を見かねてか、2年前、担当医師は「特別な治療」と称して、それまでとは違う注射や塗り薬を始めました。
今思えば恐らくステロイド剤だったのでしょう。驚くほど良く効き、あっと言うまにアトピーの症状は消えました。

ところがその治療もすぐに逆戻り。《時間切れ》の言葉がぴったりで、注射の翌々日には症状がぶり返すのです。
そんな空しい治療を1ヶ月続けたあたりで、突然体力が落ち始めました。

アトピーによる肌荒れがひどくなり、首の回り(リンパ節)が腫れて毎晩38度もの熱が出るようになりました。
夜は眠れず、やがて何を食べても下痢をして、寝てばかりの生活に陥りました。

この頃から、「西洋医学は怖い」という思いが頭をもたげ、自然食に関心を持つようになりました。

初めはご飯に雑穀を混ぜていましたが、そのうち玄米食を始めました。玄米の力は相当なもので、次第に体力の回復がみられました。
しかし困ったことに排毒作用の影響からか顔がパンパンにむくんでしまい、逆に体温は35度ちょっと、脈拍数も1分間に40まで落ちてしまいました。

二度目の手当でビワ温灸の良さを実感

そんなおり、知人の紹介でビワの葉温熱療法の講習会に参加し、体験的に温灸を当ててもらいました。
私の身体は冷え切っていて、最初の手当ではさほど良さを感じませんでしたが、二度目の手当では子供の心のような無邪気な気持ちになりました。

すっかりビワの良さを実感し、4月末から自宅で毎日温灸を当てるようになりました。

基本のツボに加えて、アドバイスを受けた肝臓系のツボ、胸腺、巨闕、瘂門等に毎朝1時間前後、温灸を当てましたが、かなり悪血が溜まっていたらしく、背中のツボにはしばらくの間、痛くて温灸を当てることができませんでした。

それでもコツコツ続けていると、約4ヵ月でアトピーによる肌荒れはほとんどなくなり、痒みについては完全にとれました。

余談ですが、皮肉なことに特別治療を受けた箇所(まぶた、頬)の治りが一番長くかかりました。
ビワのお陰で健康と意欲が取り戻せました。心から感謝しています。
『ビワと健康』  96年9月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 長年のアトピーを克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入