転移性前立腺ガンが消失!

宮城県大崎市 佐々木英雄さん(68歳)

昨年4月19日、「転移性の前立腺ガンです。
ランクはD、恥骨にも転移していて手術、抗ガン剤、放射線治療はできません」と宣告され、今年4月22日にガンの消失が告げられるまでの1年間の体験をお伝えさせて頂きます。

そもそもの始まりは一昨年6月、市の検診でPSAの数値が正常値の上限である4を超え、4・6と出たことでした。
同年8月、精密検査を指示する通知が届き、仙台赤十字病院で検査を受けました。
結果、PSAの数値は3・7と出て、担当医から「4を超えていないので6ヶ月くらい様子をみますか」と言われたのです。
年が明けて昨年2月、同病院の泌尿器科で検査を受けたところPSAは5・6に上がっており、1日入院して前立腺の生検を受けることになりました。
採取した細胞の10個のうち5個にガンが認められ、リンパと骨に転移しやすいとの理由で東北大学医学部附属病院を紹介され、再検査を受けることになりました。

肺、血液、MRI、PSA、骨シンチグラフィー等、詳細な検査を受け、4月19日に結果が出ました。
なんとPSAは7・5。「これは生検の際に細胞が傷ついたことによる高数値でしょう」としながらも、「転移性のガンです。リンパは大丈夫ですが恥骨に転移しています。Dランクで、腫瘍マーカーも19と高く、手術等は出来ないのでホルモン治療を行ないます。」と告知されました。
ホルモン療法は、3ヶ月に1回注射を打つのですが、「これでガンが消えることはないけれど拡がりを抑えることは可能ですから経過をみましょう」と余命宣告ではないまでも、もうあまり長くないというニュアンスのことを言われました。
以前、家内が知人からもらった安保徹・福田稔先生共著の『「免疫を高める」と病気は必ず治る』という本があり、私も目を通したことがありました。
その本を改めて読み返してみると、安保先生がガンを治す4カ条について記しておられました。

ガンを治す4カ条を実践

\験茱僖拭璽鵑鮓直す
▲ンの恐怖から逃れる
消耗する三大療法は受けない、続けない
ど交感神経を優位にして免疫力を高める

「ああ、これだ。私がガンになった原因は心身の強いストレスによるもので、この原因を取り除くには私もこの4カ条を実践すれば良いんだ」と受け止め、自分なりの治療方針を立てることにしたのです。
とはいえ、環境的には容易な状況ではありませんでした。

家内は6年前に盲腸炎を患い、手術は成功したものの頻繁に腸の癒着が起きて入退院を繰り返していたので私が家事の一切を行なっていましたし、娘が共働きで孫の面倒をみたり、はたまた職場のOB会の事務局をやって3ヶ月に1回ニュースを出したり、さらには行政区の役職と民生委員をやったりと、とにかく多忙な日々を過ごしていたのです。
そこで、家族で話し合って家事の分担を図り、諸々の仕事もすべて他の人にお任せして生活のスタイルを一変しました。

食事も改めました。
もともと肉はあまり食べませんが魚やお酒、甘いものが好きで良く食べていましたし、半面、生野菜のジュースを多量に摂取、『これを飲んでいればガンにはならないだろう』と勝手に思い込み偏った食生活をしていたことに気づき、きっぱりと玄米菜食に切り替えました。

また、運動療法として、それまで行なっていたウォーキングに加えてストレッチを取り入れました。
この時点で私は『よし、来年の3月までに治そう』と決意しました。
安保先生と福田先生の本を呼んでいると免疫療法として刺絡療法が紹介されており、取り組んでいる病院の一覧表が掲載されていました。
岩手県奥州市水沢の病院を訪ねてみると、そこでは胎盤を埋め込んで組織の細胞の活性化を図るというプラセンタ療法も行なっていました。
私は昨年5月12日から週1回通院し、刺絡療法とプラセンタ療法療法を始め、1年間で40回に渡って受けてきました。
たまたまその病院で目にしたのが「ガンの患者学研究所」が主催する「世界一元気 ガンの患者学ワールド」のチラシでした。

昨年9月、神奈川県海老名市で開かれた大会に参加し、講師の先生方やガンが治った人たちの話を聞いて衝撃を受けました。
『治った人がこんなに沢山いるんだ。私だって必ず治るんだ』
心強く励まされ、翌10月からウェラー・ザン・ウェルの会仙台支部の例会に参加するようになりました。
そこでガンを治す情報を収集し、自分に合った治療法を固めていきました。
私が選択したのは刺絡療法、プラセンタ療法、ビワ温灸、アロマ療法、お灸、乾布マッサージ、イメージ療法、半身浴等々で、今年1月からは磁気針も始めました。
3ヶ月に1回のホルモン療法と血液検査は続けながら、これらの療法を熱心に行ないました。
改善は、検査の数値に如実に現れました。

昨年7月の検査ではPSAが0.54まで下がっていました。
これは4月に受けたホルモン注射の影響も考えられましたが、同時に検査までの2ヶ月間は刺絡療法を行なっており、腫瘍マーカーも19から14に下がっていました。
10月には、PSAは0.45、腫瘍マーカーも14から11.4まで下がり、今年1月にはPSAは0.4台、腫瘍マーカーは10.1になりました。
(ちなみにPSAの正常値は0〜10です)

今年4月、PSAは0.45、腫瘍マーカーは9.5と、ついにどちらも正常値内に収まったのです。
4月16日にMRIを撮り、同月22日には画像診断の結果が出ました。
担当医は1年前の画像と並べて見せながら、「恥骨も前立腺も(ガン腫瘍は)きれいに消えました」と、ホルモン療法の成果とばかりに胸を張りました。
私としては、病院とは本来、「治ります」とは言えないまでも「一緒に治していきましょう。頑張りましょう」と言ってくれるところだと思っていましたから、内心腹立たしく、この1年間懸命に取り組んできた内容について口にする気になれませんでした。

ビワ温灸は、マムズでアロマ療法とともに月1回受けましたが、自宅でもオリジナルのビワ温灸を行ないました。
自然塩1kgに乾燥したビワの葉を細かく切って混ぜ合わし、耐熱皿に載せ、さらしで作った袋に入れて包み、レンジで3〜5分温めます。
おへそを中心に下腹部、背中、腎臓や肝臓付近に毎日最低30分は当てましたが、とても気持ちが良く、お通じも良くなるのです。
この1年を振り替えると精神的な状態が変わったことが、ガンが消えるうえで大きなウエイトを占めたと感じています。
リラックスした状態での半身浴、ビワ温灸、お灸、アロマ療法・・・。いずれの療法でも、ちょうど太陽が昇って心と体が温まるときの感覚が得られ、リンパ球が増殖しガンが消える力になったと思えるのです。

そして、自身で責任をとりガンを治した方々の講演や月刊誌の体験談を通じて”治った”シャワーを浴び続けられたことに本当に感謝しています。
そういう恩恵を受けて、私にも治るスイッチが入ったと解釈しています。
まだ治りたての立場ではありますが、参考にして頂ければ光栄です。

◎MAM,S(マムズ)
宮城県仙台市青葉区本町1−13−32 オーロラビル506
TEL:022−352−6300

『ビワと健康』  2008年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 転移性前立腺ガンが消失!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入