子宮ガンが消滅した!

宮城県大崎市 あすなろ整体 菅原市子 代表

子宮ガンの女性(当時65)は、3ヶ月に1回検査で病院に通っていました。

ご主人をガンで失い、そのとき色々な治療法を行なった様子で、ビワ療法についてもご存知でした。

医師から異形細胞と言われたとのことで、「これ以上ガンが進行しないようにビワ温灸を受けたい」といわれるので、3ヶ月間毎日行ないました。

基本のツボを当ててから、お腹と腰、そして「三陰交」など婦人科系のツボにしっかり当てました。

ガンの人は体が冷えていることが多いのですが、この方は冷えはなく、「病気に負けてはいられない」と意欲的で、食事の量も結構多いのが印象的でした。
ビワ温灸を始めて3ヶ月が経ち、検査に行って医師から本人も驚く言葉を聞いたのです。

「実は、あなたのガンは郡だったけど、消えてなくなっていますよ」
医師は彼女を気遣って郡であることを告げずに経過を見ていたのです。

そして、そのガン細胞が消滅していたのですからさらにびっくりです。
「嬉しいから一番最初にお伝えしとくから・・・」と連絡を頂き、私も驚き、改めてビワ温灸の力を実感しました。

健康維持にも最適

毎年、定期検診のたびに引っかかって入院をくり返していた男性(当時65)がいます。

ポリープが見つかったとか、胃が悪いとか、とにかく毎年違った症状で入院していたのです。
虚弱体質ということでもなく、中肉中背の普通の感じの方ですが、ただ関節は非常に硬くそれは7年経った今も変わりません。
ビワ療法を紹介すると、「やってみたい」といわれ、それからずっと週1回行なっています。

特定の症状を改善するということではなく、もっぱら健康維持を目的にされていますが、ビワ温灸を始めてからは全く入院するようなことはなくなり、ビワ療法の利点が活かされている例だと感じています。
ビワ温灸を始めた当初、私は単にビワ温灸の気持ち良さが気に入って用いていたので、ガンの方々の間で活用されているとは知りませんでした。

「ガン細胞は熱に弱くて42℃以上の温度で死ぬんですよ」とお客さんから教わって、それから勉強した面もあります。
今は手技と併用することで、皆さんにとても喜ばれています。

◎あすなろ整体
宮城県大崎市鹿島台木間塚字大谷地312
TEL:0229−56−9165

『ビワと健康』  2008年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮ガンが消滅した!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入