猫の花粉症もビワの種

東京都武蔵野市 S・Y さん

花粉症になってしまった我が家の愛猫が、ビワの種(粉末)で改善した例を紹介します。

名前は、たまじ。2歳半のオスです。たまじは2005年10月19日に我が家の一員となりました。
職場近くの車道の真ん中で、生後2ヶ月にもならない仔猫が鳴いていました。
鼻水を垂らし、両目は塞がって見えない状態で独り途方に暮れてうずくまっていたのです。

連れ帰って動物病院で診てもらいました。
獣医の診断は、風邪をひいて鼻水を目に擦り込んで結膜炎を起こしているとのことでした。
瞬膜が濁って黒くなっていて、完全に目があくまで半年ほどかかりました。

未だに鼻炎っぽいところがあり、ほこりを吸うとくしゃみをしています。
去年の春、ほこりもないのにやたらとくしゃみをし、鼻水も出ていました。
動物病院では「子供のころに鼻炎をやると慢性になる」と言われましたが、春が過ぎると症状は出なくなりました。
まだこの時点では、花粉症とは考えが及びませんでした。

今年2月初旬、また始まりました。鼻水が出て、仕事から帰ると母が「1日中くしゃみをしていたよ」と言うのです。
休日、家で見ていると確かに1日中鼻が腫れるくらい顔をこすっているし、鼻詰まりするのかブーブーと音が鳴っていました。
花粉症かもしれない・・・。
そう思って缶詰のエサにビワの種の粉末を一つまみ混ぜて食べさせてみたところ、的中だったようで1時間位経つと症状は収まりました。
しかし、人と同じで8時間くらい経つと効力が切れるようでまた鼻水が出てくるのです。
それで夕食に混ぜてやると、やっぱり止まるのです。
間違いない。花粉症だったのです。

それからは朝晩毎食ごと混ぜてやって快適に過ごしています。
いつもはベランダに出たがるのに日によって出ようとしないのも、どうやら花粉のせいだったようです。

『ビワと健康』  2008年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 猫の花粉症もビワの種
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入