顔面神経麻痺が短期改善

千葉県柏市 なかよし鍼灸院 中野愛彦 院長

私の歯科ツボ療法のセミナーを受講された歯科医師がいました。その方の夫人(50代半ば)が、顔面神経麻痺になってしまいました。

お住まいは静岡市なので、当院まで新幹線に乗って鍼灸治療に通っておられました。
4、5回通われ、患者さん自身もツボの位置を会得しました。

長距離通院でもあり、私は家庭で出来るビワ温灸を紹介しました。
すると目を輝かせて「試してみたい」とおっしゃるので、もっと詳しく使用方法や当て方のコツを伝えました。
数日後、弾んだ声で電話がありました。「温灸器が届いたので始めたところ、すぐに良くなりました。自宅で温圧を続けます。本当にありがとうございました」とのことでした。
ビワ温灸は優れた療法ですが、今回も改めてそれを実感した症例でした。

顔面神経は運動神経ですから、痛みは伴いません。
顔面神経は主に顔の表情筋を動かす神経ですから、麻痺を起こすと、患側の 1、眼が閉じにくくなる 2、前額のしわが生じなくなる 3、鼻唇溝が消失する 4、口角が下がる 等々の症状が現れます。
顔面神経麻痺は運動障害が主訴なのです。

よく顔面に出る痛みのことを「顔面神経痛」と呼ぶ人がいますが、これは間違いです。「顔面の神経痛」と呼ぶのなら、まだよいでしょう。
顔面の痛みを支配する神経は三叉神経ですから、顔面の神経痛は正しく言うと「三叉神経痛」となります。
この三叉神経痛の発症部位は、顔全体ではなく、主に眼から下のほうにかけてとなります。
口の中や歯の痛みも三叉神経が支配しているので、歯痛を伴うと、虫歯の痛みと間違えられることもあります。そうならないためにも、虫歯はしっかり治しておく必要があります。
顔面領域を支配する運動神経痛と知覚神経の話をしましたが、どちらが悪くなってもこれは神経のトラブルという同一のものなので、東洋医学的な治療方法に大きな違いはありません。
ことに局所で用いるツボの選択(取穴)は、ほぼ同じです。
運動神経麻痺による運動障害、また知覚神経麻痺からくる痺れの場合、取穴部位はその症状の現れている所になります。すると顔面神経麻痺では、前述の症状が出現した箇所(箇条書きの2番〜4番)を選びます。
すなわち、前額、鼻の横、口角の下あたりの3カ所です。

取穴は百会、翳風(両側)、陽白、四白、おとがい孔

顔面神経は三叉神経とは途中の走行は違いますが、終末点は同じような領域です。そこで、ちょうど三叉神経が骨から外部に出るあたりをねらうとよいでしょう。眼窩上孔(ツボ名で陽白)、眼窩下孔(ツボ名で四白)、おとがい孔が目標です。

そしてもう一つ、顔面神経麻痺で忘れてはならないのは、耳の後ろにある翳風というツボです。
ここは茎乳突孔に相当する部位で、この孔から顔面神経が骨の外に出るのです。局所の取穴は麻痺側のみでよいのですが、この翳風は両側に求めます。
首から上に鍼を打つのであれば、全症例に百会を追加することをお勧めします。精神安定のツボで、どんな疾患も必ず治る方向に導いてくれるから、万能のツボの一つです。
まとめると、私が顔面神経麻痺で取るツボは、百会、翳風(両側)、陽白、四白、おとがい孔となります。

この症例の患者さんは、発症から1週間以内に来院したので、早く好結果が得られたのでしょう。
昔から、急性には鍼、慢性には灸といわれていますが、やはり治療は早いほど効果的なのです。
通電(パルスをかける)治療の場合、翳風、陽白、四白、おとがい孔の各1カ所に、15分弱としています。百会は他の治療が終わるまで、鍼を入れたままにしておきます。
治療のインターバルは、最初の2週間は週2回、3週目から週1回とし、ある程度改善してきたら2週間に1回とします。ほぼ完治したら、全身の健康保持を目標として、月1回は来院してもらいます。
健康である時こそ、その保持を支援する「かかりつけ鍼灸院」の機能が発揮されるものです。

ビワ温灸の器具を購入した直後は、誰も1回に長時間当てているようです。しかし、1時間連続で行なうより、20分間を朝夕など2回に分けて実施したほうが効果は確実に出ます。
ビワ温灸は、急性炎症など禁忌とされている箇所さえ気をつければ、どんな症状に用いても効果が期待できる最高の民間療法です。
この方のように、劇的な改善が得られることも珍しくありません。
仮に、病んでいる所に顕著な改善が見られなくとも、気血の流れが良くなるのですから、全身の健康度は確実に向上するものです。

顔面神経麻痺の治療として紹介したツボは、とても有効です。
鍼やお灸はツボ刺激療法と呼ばれるものです。
刺激の種類は、指圧でも電気でも磁気でも何でもよいのです。中国の医師はツボに注射をすることすらあります。
ビワ温灸は、今までお灸と指圧を併せ持つ働きと思われていましたが、もう一つ、このツボ注射のような機能も備わっているのです。というのは、アミグダリンを中心とするビワエキスは、当てたツボから経皮的に体内に吸収されるからです。

ビワ温灸は、家庭でできるツボ療法の中では最強の方法だと思います。ぜひ試してみてください。

◎なかよし鍼灸院
千葉県柏市明原4−12−20
TEL:04−7145−3375

『ビワと健康』  2008年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 顔面神経麻痺が短期改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入