第四回『世界一元気 ガンの患者学ワールド』開催

海老名市文化会館

NPO法人「ガンの患者学研究所」(川竹文夫代表)が主催する第四回『世界一元気ガンの患者学ワールド』が9月29日、神奈川県・海老名市文化会館大ホールで開催され、ガンを克服した元患者(治ったさん)や現在闘病中の患者(これからさん)ら一千人を超える参加者が全国から集まった。

広がれ!治る歓び・人生の進化!と銘打たれた今大会は、自らガンを克服した医師をはじめ治すための賢者といわれる人たちが講師として登壇。

医学博士で元患者の星野仁彦氏の開会宣言、安保徹氏(新潟大学大学院教授)の挨拶に続き、川竹文夫代表が講演の口火を切り、松田育三(松田メディカルクリニック院長)、川越牧子(エコロクッキングスクール講師)、藤谷康允(ワンダーライフ研究会代表)、市川加代子(心と身体の化学研究代表)、星野仁彦(前記)の各氏が、会場を埋めつくしたガンに立ち向かう大勢の参加者に向け、それぞれ専門的立場から熱いメッセージを送った。

また「日本ウェラー・ザン・ウェル学会」トークショーでは、昇幹夫(日本笑い学会副会長・医師)、寺山心一翁(超越意識研究所代表)、船瀬俊介(環境問題評論家)、近藤町子(ガンの患者学研究所副代表)の各氏が現在のガン治療の問題手点やガン克服の秘訣等について、実体験を踏まえたトークを展開した。

さらに「治ったさんバッヂ」の授与式が行われ、認定証と太陽をかたどったバッヂが、きちんと養生をしてみごとにガンを克服した人たちに川竹代表から贈呈された。

大会の締めくくりは、参加者が次々と舞台に登壇。自らガンを治すことを宣言し、それに参加者全員が呼応して決意表明を唱和する「治ったコール」が行われた。

1日かけてガンを治す知恵と実際に克服した人たちのエールを凝縮して受けた参加者は、大いに意を強くし、それぞれ治すための具体的な方法や目標とする期間を掲げ、声高らかに宣誓の手を突き上げた。

依存ではなく、自らガンを治すために協力しあう大きな連帯の環がうねる中、必ずガンを克服し、次回再開を誓い合って熱気に包まれた大会は幕を閉じた。

◎NPO法人「ガンの患者学研究所」
神奈川県横浜市青葉区鴨志田町569−1−17−105
TEL:045−962−7466

『ビワと健康』  2007年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 識者に聞く > 第四回『世界一元気 ガンの患者学ワールド』開催