肌の疾患にビワ化粧水

宮城県遠田郡湧谷町 趙整体院 趙ミンフン 院長

体の疲れ、腰の痛み、脚の痺れ等の症状で3月から通っている女性(45)は、整体を希望されました。
初めて来院されたとき、長期間にわたる介護により疲労とストレスが相当蓄積しており、確かに手技によるほぐしが必要でした。

ただ、症状は痛みや痺ればかりでなく、内蔵もかなりダメージを受けているらしく、爪は白っぽく貝のようになり、首から上の皮膚がまだらに赤身が出て、特に頭皮はボロボロで赤くただれかけていたのです。
施療を始めて2、3回目のとき、そうした肌の状態を改善すべく、「ビワの化粧水を試してみては・・・」とお勧めしました。

ビワの化粧水は、肌が荒れている方には本当にお奨めで、当院ではよく紹介させて頂きますが、やはりこの女性も見る見る改善していきました。
頭皮のジクジクした感じがすぐになくなり、顔に出ていたまだら模様もきれいに消えました。
初めのうちは週2回のペースで通われ、整体で徐々に体調が改善し、それと並行してビワで肌も正常に戻っていったのです。

何よりご自身が『ビワの化粧水は合っている・・・』と感じられ、ご自宅の化粧台とお風呂の脱衣所の2カ所に1本ずつ置き、朝晩しっかり塗られました。
そのうちにアトピーの妹さんや肌荒れのお母さん、アトピー体質で夏場はあせもに悩まされるというご主人も使われるようになり、今では身内の方々もすっかりビワ化粧水の愛用者となっておられます。

この女性の場合はご本人の希望で手技は整体とし、肌の改善にビワの化粧水を用いましたが、ビワ温灸のみでのトラブル肌の改善例もあります。

アトピー、扁桃腺炎も

アトピー性皮膚炎の男性(40代)は、小さい頃からアトピー体質で、来院時はお腹、背中、足と体全体に症状が出ていてかなり辛そうでした。

ビワ温灸は30分〜1時間、週1回のペースで施療を続け半年ほどで症状は改善しました。
特に滲みることもなかったので、全身に温圧を行なうとともに症状の出ている箇所には時間をかけて施療しました。

印象的だったのは扁桃腺の男性(40代)です。僅か1回のビワ温灸で改善しました。
慢性的に扁桃腺炎をもっている方で、このときも風邪をひいて発熱し、病院では「熱が下がらなければ入院してください」と言われていたそうです。
知人の紹介で当院に来られました。
首のリンパ節に入念にビワ温灸を施すと「気持ちが良い」と喜ばれ、施療後は扁桃腺の腫れが収まるにつれて熱も次第に下がり、結局、入院することもありませんでした。

このように当院では整体に加えてビワ温灸、ビワ関連品を症状に合わせて併用することで良い改善が得られています。

◎趙整体院
宮城県遠田郡湧谷町湧谷字浦町前東3−2
TEL:0229−43−4957

『ビワと健康』  2007年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肌の疾患にビワ化粧水
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入