ビワ酢でカブの浅漬け

千葉県千葉市 齋藤京子さん


お酢は、体に良くても苦手という話をよく耳にします。わが家も同様で、せいぜい主人がビワ酢を牛乳に混ぜてヨーグルト風味にして飲むくらいです。

そこで、ひと工夫。ビワ酢を用いたカブの酢の物を作り、毎日美味しく頂いています。

2mm程度に輪切りしたカブをボウルに入れ、塩をふって水出しします。塩の目安は、中くらいのカブ5個に大サジですりきり1杯です。10〜20分おいてギュッと絞り、お酢(米酢)とビワ酢を半々に漬け込みます。

お好みでトウガラシを少々。

作ってすぐに食べ、残りは冷蔵庫に入れて2、3日。冷えているのも、また美味しい。

ビワ酢だけだとちょっと甘いので、おかずにはお酢と合わせるのがお奨めです。

『ビワと健康』  2007年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > ビワ酢でカブの浅漬け
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入