ヘルニアの痛みを取る

山口県周南市 びわの葉温熱療法まつばら 松原桂子 代表


10年くらいヘルニアを抱えながら騙し騙し過ごしてきた男性(20代前半)が、痛みに耐え切れなくなって来られました。

半年前からは夜も眠れないほど痛み、病院でブロック注射の治療を受けていました。

仕事柄、立ち放しでおまけに重いものを運ぶこともあり、痺れを伴う鈍い痛みに『やっぱり手術をしないと駄目なのかな』と考えていたそうです。

座骨神経痛のように片側(右)に強く痛みがあり、足を引きずるようにしておられました。
初めの1週間は毎日通ってもらい、右の「腎兪」から臀部にかけてビワ温灸を行ないましたが、患部に熱感はなく、むしろ冷えていました。
3〜4回目の施療で痺れるような痛みは軽くなり、夜眠れるようになりました。

1週間を過ぎてからは2日置きに通ってもらい、合計15回で完璧とはいかないまでも腰の痛みは気にならなくなりました。
施療は、足から腰まで特に右側に繰り返しビワ温灸を行ないました。

背中に痛みを訴える女性(40代)は、病院でレントゲンを撮ってもらい背骨が右に湾曲していると指摘されたそうです。
確かに痛みのある側が少し盛り上がり、腫れていました。

ビワ温灸を1回行なっただけで痛みは殆どなくなり、10日ほどあけて2回目の温圧を行なうと湾曲が治ったわけではありませんが腫れは取れ、痛みも感じられなくなりました。

膝と腰の痛み

膝痛の女性(40代)は階段を降りる際に痛みが走り、怖いと言われました。
もともと腰痛がある人で、パートで立ち仕事をしていることで負担が掛かっていたのだと思います。
痛みが出るのは右膝でしたが、合計10回通われて完全に痛みはなくなり、腰の痛みも全く気にならなくなりました。

昔、運動をしていて膝の関節を痛めたのが今になって出てきたようでした。
施療から3ヶ月が過ぎたころ連絡があり、少しだけ痛みが出てきたとのことでした。

ビワエキスの残りがあったので「エキスでやってみる」と言われ、ガーゼに含ませて患部に当て、ラップでくるんだのです。
数日後、「ビワエキスって凄いね、完全に痛みがなくなったよ」と感激した様子で再び連絡があり、それきり痛みは収まってしまいました。

四十肩の支障が解消

四十肩で1年間辛い思いをしてきた女性(40代)は、病院、整体院、健康体操など様々に手をつくしてピーク時よりは楽になったというもののまだ生活に支障がありました。

片腕が上がらないので片手で洋服の着脱をし、車の運転はできても駐車場のチケットを引き抜くことが出来ずにわざわざ降りたりと何かと不便を強いられていました。
2週間、ほぼ毎日通われました。腕は完全に上がるようになり、翌月から「フィットネスクラブに行く」と喜ばれました。

ビワ温灸は背中、肩、手と四十肩のツボに行ない、4、5回目から腕が上がり始めました。
改善例の多くは、日を開けずにビワ温灸を行なったことが奏効しています。

現在、うちでは多くの肩にビワ療法の素晴らしさを知って頂くことを目的に、モニターを募集しています。
連続して来られることを条件に格安で体験して頂けるのでご連絡ください。

また、訪問も受け付けています。お気軽にご相談ください。

◎びわの葉温熱療法 まつばら
山口県周南市桜木3−5−18
TEL:0834−25−5909/080−5612−5632

『ビワと健康』  2007年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ヘルニアの痛みを取る
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入