”激痒”皮膚病にビワの威力

茨城県神栖市 斉藤恒雄 さん (59歳)

3、4年前から入梅など季節の変わり目に身体のあちこちにポツポツと湿疹ができるようになりました。

手や足のすね周辺に多くでき、発疹の周りは赤くカサカサした感じで、非常に痒いため近所の皮膚科で診てもらいました。ステロイドの塗り薬が処方され、塗ると痒みも湿疹も収まりました。

ただ、一時的に治ってもまた湿疹はできるのです。
土曜日ごとに通院しましたが次第に症状は悪化し、そのぶん薬の量も増えて、まとめて2、30本もらうこともありました。
それでも処方されるがまま塗り続けました。(のちに娘の調べで非常に強いステロイド剤と判明)
そういう中、細菌感染したらしく足がパンパンに腫れ、救急で大きな病院に行きました。

異汗性湿疹。
・・・それが病名でした。

薬を塗り、手袋と足に包帯を巻く治療を受けて症状は改善しました。
胸をなでおろす気分でしたが、それとて長くは続きませんでした。
2ヶ月ほど経った季節の変わり目、再びポツポツと湿疹ができ始め痒くなってきたのです。
やむを得ず近所の皮膚科で以前もらった塗り薬で対処しましたが、余計に症状は悪化しました。

家内の助言で今度は大学病院で診てもらいました。
首、背中、手、足・・・。ひどくただれた姿を診るなり入院を勧められました。
仕事の事情もあり3日間の入院でしたが、様々な検査を受けました。
汎発性湿疹。・・・それが新たな病名でした。

月1回通院し、処方された薬を塗っていましたが、とにかく痒くて痒くて掻きむしってしまうのです。
老人性乾皮症のようなカサカサの肌になり、特に足の裏の皮がはがれて出血し、皮膚は死んだように赤くペロッとしてきました。
夜寝れず、昼間はボーッとする有様でした。
そこで始めたのが漢方薬でした。小瓶一本が1万5千円。週に一瓶、1ヶ月で6万円掛かりました。
痒さが抑えられて良いのですが、さすがに費用がかさみます。

2〜3ヶ月経ったころ、家内の友人の繋がりで、鳥居塚さんを紹介してもらいビワ療法を始めました。
ビワ温灸、ビワの種、ビワのローション、入浴剤等を試してみました。
初めのうちは錠剤タイプのビワの種を朝昼晩、10粒ずつ食べました。
また、ビワのお風呂から上がるとビワのローションを全身に塗りました。

初めはこのローションも月10本でも間に合わないほどでしたが、徐々に改善し、湿疹が収まるにつれて痒さも和らいでいきました。
じきにビワ療法だけで対処できるようになり、漢方薬も病院の薬も全く必要なくなりました。
ビワ療法を始めて4ヶ月ほどで症状はすっかり収まりました。

鳥居塚さんの助言でビワ療法を始めた当初(昨年10〜11月)の厳しい状態を写真に残しましたが、現在と比較するとまるで別人の体で、ビワとの出会いに感謝しています。
辛い時季が過ぎるとつい気が緩み、髭剃りあとに市販のローションを顔に塗ったところ途端に真っ赤になり、慌ててビワのローションに戻しました。
今は朝晩ビワの種を食べ、ビワのローションを塗るのみですが、とても快調で夜も良く眠れます。
いつも気遣ってくれる家内や娘たちに感謝しながら、再発予防、体質改善の意味合いも込めてビワ療法を続けています。


*鳥居塚整体・鳥居塚信子代表・・・初めは大変だと感じましたが、ご本人も奥様も治すために堅く決意されていました。冷たい食べ物を嗜好する習慣を改めるなど色々取り組まれ、奥様が事細かく配慮され、娘さんも病気や薬、ビワ療法について調べるなど、ご家族一丸となって取り組まれた結果です。喜んで頂けて私も心から感謝しています。

◎連絡先
茨城県北茨城市関南町仁井田445
TEL:0293−46−1213/080−5505−3747

『ビワと健康』  2007年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ”激痒”皮膚病にビワの威力
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入