小児喘息にビワ・マスク療法

千葉県松戸市 G・Tさん

現在小学3年生の息子は生後6ヶ月で喘息になり、秋口など季節の変わり目には発作を起こすようになりました。

成長するにつれ発作の回数は減っていますが、3年前にビワ療法と出会ってからはビワエキスをマスクに含ませて着用する方法で随分助けられています。

いわゆるマスク療法で、これはビワ療法の改善例にあったものを試してみた格好です。

発作がひどいときは着用したまま寝かせます。

子供にとってマスクの着用はうっとうしく感じそうですが、うちの息子はそれで楽になった経験が何度もあるので嫌がりません。
マスクは夜に着用するのでエキスで茶色に染まっても気にすることはありませんし、洗って何度でも使用できます。

簡単でしかも即効性に優れた方法ですからぜひ試してみられると良いと思います。
ちなみにわが家では健康維持を目的にビワの種、ビワ茶、ビワ酢、ビワ化粧水などビワ療法の商品を多数愛用しています。

ビワエキスは虫刺されに、化粧水は痒み止めにと、それぞれの用途に合わせてうまく活用しています。

『ビワと健康』  2007年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 小児喘息にビワ・マスク療法
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入