乳牛の乳腺炎予防にビワ焼酎

宮崎県都城市 ビワ温灸療法橘 萬代恵 代表

酪農家の知恵

ビワ療法を施療に導入していることをお客様にご案内すると、中にはビワの効用について結構ご存じの方がおられて、昔は良くビワの果実や葉っぱを焼酎に漬け込んで胃健等の目的で飲んでいたというような話をしてくださいます。
大抵の場合、ビワの焼酎漬けは飲用が一般的なようですが、最近少し珍しい話を耳にしました。

近所に住む男性によると、地元の酪農家の方々は昔からビワの葉の芯を焼酎に漬け込み、乳牛の乳首の消毒に用いているのだそうです。
乳首に雑菌が付着するのが最も病気の原因になりやすく、乳腺炎等の予防のために伝統的に行なわれてきた消毒法だそうで、「今でもやっている人がいますよ」とのことでした。

「ビワと健康」には、ペットの改善例が時々掲載されますが、当地の酪農家の間では経験的に焼酎(アルコール)の殺菌作用とビワの葉の成分に含まれる殺菌作用を併用するという知恵が引き継がれていたことを思うと、面白くもあり、嬉しい気分になります。
参考まで。

◎ビワ温灸療法 橘
宮崎県都城市菓子野町10519−5
TEL:0986−27−4021

『ビワと健康』  2006年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > 乳牛の乳腺炎予防にビワ焼酎
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入