すべり症の地獄から脱出

埼玉県草加市 T・E さん (女性・60歳)


浅草から草加に移り住んで20年になりますが、引っ越して間もなく肩こり、不眠症、便秘に悩まされるようになりました。

行きつけの美容院で「奥さんの肩、コンクリートみたいですね。」と言われたり、便通も1週間から10日間もなく、顔面蒼白になって意識を失うようなことも度々ありました。

そればかりか次第に下半身がしびれ、目もむくんで視力低下が始まりました。

当初、環境の変化が原因だろうと考えていたのですが、あまりに体調が思わしくなく昭和56年、越谷市立病院で検査を受けたところ《第五腰椎すべり症》と診断されました。

《すべり症》の名前を聞くなり、目の前が真っ暗になるほどショックを受けました。
68歳にして頭部切開の大手術をした父親や病に倒れた兄弟の姿が次々と脳裏に浮かびました。

大病は自分の家系の避けられない運命なのか…。

良からぬ思いばかりが頭の中をグルグル巡りました。

呼吸だけでも痛みが走る

実際、この年から昭和60年までの5年間、私の身体は転がるように悪化していきました。
下半身の右半分が下に下がり、後方に引っ込んでしまって脚が思うように動かなくなり、やがて呼吸をするだけで腰やふくらはぎに痛みが走るようになりました。

発病から10数年、治りたい一心で30を超える病院を訪ねて回りましたが、どの病院でも「運動しなさい。汗をかきなさい」といった指導ばかり。中には川口市の大病院のように、レントゲンすら撮らず「今日入院しなさい。すぐ手術しましょう」と言われるケースもありました。
痛い脚を引きずりながらヨガの道場にも5年ほど通いました。しかし、ほとんど良くなることはありませんでした。

帯津院長との出会い

平成4年4月、偶然、テレビで気功の番組を見て講師の姿に強く心をひかれました。
「この先生は確かだ」と直感し、慌てて録画しました。録画したビデオを真似て何日か気功を続けてみたのですが、確かに身体に良いと感じるのです。
講師は、帯津三敬病院の帯津良一院長でした。
この病院で治療を受けてみたい…。
自分の病状を書き記した手紙を送ったところ、帯津院長の手書きの返事が返ってきました。

日をおかず病院を訪ねました。帯津院長から「できれば入院して下さい」と笑顔で勧められ、心から委ねて入院しました。
私はこの病院で初めてビワの葉療法を体験しました。
すでに入院されていたガンの患者さんと、棒もぐさを使って温灸のやり合いっこをするのです。1週間ほどで私もビワの葉温灸の気持ち良さを実感するようになりました。

2週間の入院生活の後、自宅でも1日おきに丸1年、ビワの葉温灸を続けましたが、手間がかかるのと家族の手を煩わせることに抵抗を覚え、翌年6月、再び帯津三敬病院に希望入院しました。

ビワ温灸と太極拳が日課に

この時も2週間入院しましたが、退院時、帯津院長から「あなたの身体は《実》(じつ)ですね。近くで太極拳の道場を探して通ってみるのも良いでしょう」と助言をいただきました。
その助言を励みに近所の道場に通い始めましたが、しばらくは脚が思うように動かず転んでばかり。周りの人も不思議そうに私を見ていました。

それでも根気強く太極拳と棒もぐさの温灸を続けていた昨年の5月、棒もぐさより手軽なビワの葉温灸器があることを知り、さっそく購入しました。
それをきっかけに、私の太極拳とビワの葉温灸は本格的日課となりました。
朝起きるとまず1時間ちょっと太極拳。そして1時間半ビワの葉温灸を当て、お昼少し休んで、再び2時頃から1時間半ビワの葉温灸。さらに夕方もしくは就寝前に1時間太極拳。

毎日欠かさず1年間行なってきたのですが、みるみる健康は回復し、お化粧ののりも良くなって嬉しくてつい洋服を買ってしまうことが増えました。
正直な話、数年前まで温灸は面倒だから太極拳だけで治そうかと考えていた時期もあったのですが、温灸を休むと脚は痛いし、動かなくなるのです。その意味でも手軽にできる遠赤外線温灸器がとても重宝しています。

かつてヨガの道場に通いながら、幾度も駅のホームから飛び込みかけては踏み止まった地獄のような日々を思い出すと、帯津院長を通じて出会ったビワの葉温灸や太極拳に、ただただ感謝するばかりです。

『ビワと健康』  96年6月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > すべり症の地獄から脱出
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入