重度のアトピーが完治

東京都品川区 安城芳紀 くん (10歳)


(芳紀くんのお母さんから寄せられた体験談です)

今年10歳になった息子の芳紀は、生まれた時全身血まみれで、生後1ヶ月の検査で重度のアトピー性皮膚炎と診断されました。

発疹が腫れて水泡ができ、それが破れて汁が出るので全身に包帯を巻いていたのですが、水泡は身体だけでなく頭皮や耳の中にまでできました。寝ている間に耳の穴に汁が溜まって聞こえなくなるので、こよりで吸い取っていました。

また、耳の付け根がひび割れ血が流れることも度々で、最もひどい時は目の玉にも水泡ができました。

病院ではステロイド系の薬が処方され、食餌療法などの指導を受けましたが、「今の医学では完治の可能性は薄いですよ」と言われました。

ところが、いざ処方されたステロイド系の薬を塗ってみると息子の肌はまるで嘘のようにツルンとなりました。

「何だ、よく効くじゃないか…」と思ったのも束の間、薬を塗る前よりもっとひどくなってしまいました。

薬の恐ろしさを実感し、自分なりにいろいろ調べた結果、体質改善が必要だと分かりました。
添加物が含まれた食品は極力避け、高麗人参、プロポリス、アロエジュース、しそエキス、さらには3ヶ月で180万円かかる皮膚再生パック等々、あらゆる療法を試してみました。

まるまる7年間、費やした金額もさることながら、親子ともども口では言い表せない辛い日々を過ごしました。

紫外線との合併症状

そんな努力の甲斐あって年々症状は軽くなっていきましたが、一昨年の6月〜7月にかけて痒みがひどく、夜も眠れない日々が続きました。夏場は紫外線との合併アレルギーを起こすのです。

痒くて夜眠れないので食欲がなくなる。食欲がなくなるので体力が落ちる。体力が落ちるので抵抗力が弱まる。抵抗力が弱くなるから余計に身体が痒くなるという悪循環…。
そんな折り、知人に紹介されたのがビワの葉温灸です。

わずか1ヶ月で効果

ツボの図を見ながら足の裏から背中、腹部、痒みの患部へと毎晩欠かさず温灸を施しました。また、温灸の前にはビワの葉エキスを患部に直接塗りました。
とてもしみるらしく、慣れるまでの2週間はずいぶん痛がりましたが、驚いたことにわずか1ヶ月足らずでアトピー性皮膚炎はほぼ完治してしまいました。
温灸や湿布の他にも入浴時には「びわ葉のゆ」を使用し、ビワの種も1日1個必ず食べるようにさせました。

私が忙しくて出来ないときは一つ年上の娘が母親代わりに温灸を当ててやったり、本人もプールに入れるようになることを目標に自分でも当てたりと、子供たちなりによく頑張ったと思います。
ビワとの出会いに感謝し、もちろん今も再発を防ぐ意味で温灸は続けていますが、最近では白内障と腰の悪い母が、家族の中では一番の愛用者になっています。

『ビワと健康』  96年6月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 重度のアトピーが完治
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入