座骨神経痛の痛み解消

千葉県館山市 石井りょう子さん(64歳)

地元の旅館で宿泊のお客さんにビワ温灸をしてあげて喜ばれていますが、たまたま近所の方が「ビワ温灸をお願いできないか」と自宅に来られました。

きくと、3日前からご主人が座骨神経痛で困っているとのことでしたので、遠赤外線のビワ温灸器を携えて訪問しました。

ご主人は年齢71歳くらいで元来、元気な方なのですが、急な座骨神経痛でほとほと弱り果てておられました。

病院にかかって痛み止めの注射を2回打ってもらったそうですが、痛みが収まるのは僅か2時間程度で、夜もろくに眠れないというのです。
早速、ビワ温灸の準備を始めたところ、「ちょっとトイレに・・・」と立たれたのですが、痛みで足がグラグラと揺れ、今にも倒れそうでした。
「針か釘で突き刺されるようだ」と表現されたので相当に痛いことがわかり、ゆっくり丁寧に当ててあげました。

左側の脚から腰に強い痛みが出ていたので、そこを中心に1時間弱当てたところ、体全体がポカポカと温まってきて、「気持ちいい」との感想でした。

この方の家を訪ねたのは午前中ですが、気になったのでその日の夕方電話をかけて様子を聞きました。

「気持ちが良くて、あの後よく眠れた」とのこと。「よかったですね。痛くて歩けないようなら明日も行ってあげますよ」と励まして電話を切りました。
翌朝、もう一度電話をすると奥さんが出て、「すっかり痛みがなくなって、夜もよく眠れて今日は仕事に行きました」と嬉しそうな返事でした。
ご主人は房総うちわを作る仕事をしておられます。元気になられて本当によかったです。

旅館で当てていると腰痛の県警の方やロケで来られた俳優の方など、出会いは様々ですが、ビワ温灸は10人が10人、気持ちが良いと言われ、皆さん途中で眠ってしまわれます。
普及会でビワ温灸の指導員の認定も受けましたし、これからも益々ビワ療法の普及に努めていきたいと思っています。

『ビワと健康』  2006年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 座骨神経痛の痛み解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入